日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、【停滞ではない破滅だ】人口・所得・金利ともに停滞する時がくる=韓国

韓国経済、【停滞ではない破滅だ】人口・所得・金利ともに停滞する時がくる=韓国

記事要約:まるで自分たちが今まで上手くやってきたかのような記事を読んで管理人は色々ツッコミを入れたいわけだが、さすがにアジア通貨危機、リーマンショック、現在進行形の韓国経済危機で破綻しそうな連中が今だにこの程度の認識という。

日本の失われた20年と比較している場合か。今、韓国がやっていることは国民全員が借金漬けであるということだぞ。若者に仕事もなく、証券会社に欺されたかは知らないが、借金してまで株を購入。しかも、極めつけはこれだ。

>負債を通じた成長にも制約がくる。貸出金利が4%から2%に下落すれば元金を2倍借りても利子の金額が同じだ。同じ元金なら利子が以前の半分水準に減る。1億ウォンを借りた人は利子が年400万ウォンから200万ウォンに減ったり、または1億ウォンを追加で借りても利子の金額が同じだ。しかし金利が追加で下落しにくい状況でお金をさらに借りれば利子が増える。通貨政策という手段の一つが無力化する。資金供給を続ける量的緩和政策があるが、基軸通貨を持たない国には負担になる。

これが異様なのは貸出金利が4%から2%に下落すれば元金を2倍借りても利子の金額が同じという発想。利子は同じかも知れないが、2倍借りれば当然、その金額を返す必要が出てくるわけだ。

つまり、金利が下落すればさらなる借金ができるが、韓国の金利が低くなっているのでそれは見込めない。しかも、金利が下がらないままお金を借りれば利子が増える。当たり前であるが、その解決策は簡単だ。ウォンを刷ればいいのだ。

>個人の所得も増えにくい。個人所得の停滞は魚雷のように表面には表れないが、経済と社会全般に大きな影響を与える。韓国は通貨危機を経験しながらも、2000年に1人あたりの所得が1万ドル、2010年に2万ドル、2020年に3万ドルと成長してきた。1990年代まで個人所得は台湾を下回っていたが、2003年に追い越した。日本の1970-80年代に見られた雰囲気だった。

いやいや、10年後には日本を追い越すのだろう?何事も6合目はぐらいまで行けるが、実際、その上となると難しい。韓国は2020年で3万ドルまで成長したといってもそれは借金漬けだろう?借金して経済を回して国民の家計負債・企業債務は世界でも危機的レベル。そして、これ以上の借金ができないなら、どうやって日本を追い越すのだ?

何度も言うが韓国経済が成長してきたエンジンは借金なのだ。それは誰かに借りた金であり、その金額は利息だけでも膨大。そこに国家債務まで加わる。個人所得がどうとかいうまえに借金漬けで生きていける時代がいつまでもあるとおもうな。

確実に韓国経済は停滞どころか、破滅に追いやられていくという。管理人は今年中に破綻してくれても一向に構わないぞ。どのみち助からない。あまりにも、借金が多すぎるからだ。

韓国経済、【停滞ではない破滅だ】人口・所得・金利ともに停滞する時がくる=韓国

自動車衝突テストは走る自動車を壁にぶつける。このように一定の速度で走る運動量をモメンタム(momentum)というが、停止すればモメンタムがゼロになる。モメンタムがゼロになればその運動量が衝撃量に変わる。車がつぶれて助手席の実験人形「ダミー」が窓を突き抜けて外に飛ばされる。韓国経済も新型コロナ事態以降、持続的に成長してきたエンジンのモメンタムが急速に消えている。

韓国では産業化以降これまで人口が増加し、所得も増えた。金利も1990年以降は下落し、債券の価値が上昇した。すべてのものが増加する慣性の中に暮らしてきた。しかしもうこれが停止するとみられる。モメンタムが消えるということだ。モメンタムが消えれば衝撃を受ける。さらに時間が過ぎれば、金利がまた上がり、1人あたりの所得が減少し、人口が減少するマイナスモメンタムになり得る。この問題を主要経済変数の金利・所得・人口を中心に見てみよう。

最近、ゼロ金利という言葉をよく聞く。国債3年満期の利回りも定期預金の金利も今年に入って0%台に入ったからだ。ここで「ゼロ」という言葉に留意する必要がある。金利にマイナスがないとすればゼロ金利は金利が最も低いということだが、これは金利がこれ以上下がる余地がないという意味でもある。欧州で見られるように金利がマイナスのどこまでいくか分からないという人もいるが、その可能性は大きくない。

さらなる金利低下の可能性が難しくなり、金利モメンタムはほとんどゼロになった。3年満期国債の利回りが現在の0.8%程度からさらに下がっても0.8ポイントがすべてだ。2000年に9%だった国債の利回りがさらに下落する余地はほとんど消えた。金利の低下は利子費用の減少、資産価格の上昇などを通じて景気を活性化させる役割をするが、この手段がなくなるということだ。この場合、慣性的に持っていた観点を疑い、ゼロ金利で世の中がどうなるかを見なければいけない。

不動産が一つの例だ。マンション価格の動きは金利と密接な関係がある。2000年序盤から金利が下落し、韓国のマンション価格が持続的に上がっている。しかし今後の金利下落の可能性が高くない場合、マンション価格上昇に影響を与えた要因が一つが消える。短期的にはゼロ金利のメリットを感じるだろうが、時間が過ぎるほど追加で上昇させるほどの動力が低下する。

◆低金利で負債が膨らんでいく時代

負債を通じた成長にも制約がくる。貸出金利が4%から2%に下落すれば元金を2倍借りても利子の金額が同じだ。同じ元金なら利子が以前の半分水準に減る。1億ウォンを借りた人は利子が年400万ウォンから200万ウォンに減ったり、または1億ウォンを追加で借りても利子の金額が同じだ。しかし金利が追加で下落しにくい状況でお金をさらに借りれば利子が増える。通貨政策という手段の一つが無力化する。資金供給を続ける量的緩和政策があるが、基軸通貨を持たない国には負担になる。

個人の所得も増えにくい。個人所得の停滞は魚雷のように表面には表れないが、経済と社会全般に大きな影響を与える。韓国は通貨危機を経験しながらも、2000年に1人あたりの所得が1万ドル、2010年に2万ドル、2020年に3万ドルと成長してきた。1990年代まで個人所得は台湾を下回っていたが、2003年に追い越した。日本の1970-80年代に見られた雰囲気だった。

しかし今後は個人所得の増加が停滞する見込みだ。製造業の後発追撃者を抑えて先進国と競争しなければならないうえ、全体人口のうち生産可能人口の比率が減少するからだ。日本は90年代半ばに個人所得が4万ドルを超えたが、25年が過ぎた今でも3万ドル後半にとどまっている。イタリアも現在の個人所得は15年前の水準だ。製造業国家が経験する3万ドルの壁だ。

韓国は所得が急成長し、消費市場も大きく変わった。新築の高価な住宅を求めるようになった理由でもある。日本が所得3万ドルを超えた90年代初めにはニューリッチ(New Rich)が新たな消費の主体として登場した。ニューリッチを羨望する大衆のための高級消費財も流行した。しかし所得が停滞すると、100円ショップ産業が急成長した。所得増加がゼロモメンタムに入り、日本の消費市場と住宅市場は急変した。韓国も20年間にわたり所得が急成長した記憶が残っていて、世の中はこの速度でずっと変わるものと期待する。しかしゼロモメンタムはこうした期待とは全く違う世の中を見せる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/54d60f3b3404fdd19f3683c4ebebcaea9bf5ff50

>
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る

酔って候 (@guest_3581)
2020年10月3日 02:36

破綻する前に断交を。でないと日本に押し寄せて来かねない。

迎恩門 (@guest_3580)
2020年10月2日 23:18

強欲貴族労組代表の「現代自動車労組」ですら賃上げを断念したくらいですからね。それに「停滞」ではなく「減少」が始まるのですよ。
例えば公的部門の公務員年金・軍人年金は既に積立金が枯渇して年間約3600億円の赤字状態。税金で補填しなければ支給できない状態。しかも2021年つまり来年から物価の上昇・下落に合わせて給付金額を増減させる、物価連動分の措置が解除されることにより年金給付額の増加するため、支出はますます増えることは確定です。
ちなみに韓国の国民年金は約4万円。公務員年金は約23万円。軍人年金は約27万円。そりゃあ、若者は公務員試験に殺到しますよねw

>
2
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ