日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国軍事、【どっちもどっちニダ】韓国・インドネシア、次世代戦闘機の共同開発を再交渉 インドネシア側は事業自体を撤回することもあるという信号

韓国軍事、【どっちもどっちニダ】韓国・インドネシア、次世代戦闘機の共同開発を再交渉 インドネシア側は事業自体を撤回することもあるという信号

記事要約:日本人からすれば韓国・インドネシアも裏切る連中なので、どちらも信用できないのだが、その両国が例の次世代戦闘機の共同開発の再交渉で、支援をしていたインドネシア側は事業自体を撤回するかもしれないという。

まあ、経済苦ならそこを攻めるのは難しいんじゃないか。滞納している5000億ウォンは諦めろ。もっとも、本当の理由が韓国のお笑い兵器に金を出すのか惜しくなっただけかもしれないが。

>韓国交渉団が22日、次世代戦闘機(KF-X/IF-X)共同開発の条件を再交渉するためインドネシアを訪問した。インドネシアが経済事情が厳しいとして滞納している約5000億ウォン(約452億円)を韓国交渉団が受け取れるかどうかが注目される。

無理なんじゃないか。そもそも、事業を撤退するのに払う理由もないだろう。

>今回の交渉では開発分担金比率の調整と技術の追加移転などが争点に挙がっている。両国は2015年から8兆7000億ウォンの事業費を共同負担し、2026年までに次世代戦闘機を開発、量産する案を推進してきた。インドネシアは全体事業費の20%の1兆7000億ウォンを投資し、試製機1機と技術資料を受けた後、次世代戦闘機48機をインドネシアで現地生産する計画だった。しかしインドネシアは厳しい経済事情を理由に2017年下半期から分担金を滞納している。滞納金は4月基準で計5003億ウォンにのぼる。来月には延滞金が追加で1040億ウォン増える。

3年も分担金を滞納しているなら、さすがに払う気はないてばれてるだろう。

>両国間の再交渉は、インドネシアのプラボウォ・スビアント国防相が昨年10月末に就任して以降初めてとなる。インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は韓国を国賓訪問した2018年9月、文在寅大統領にKF-X分担金のうちインドネシアの負担率の5%縮小など再交渉を要求した。両国はジョコ大統領の昨年11月の釜山(プサン)韓国・ASEAN特別首脳会議出席を控え、インドネシアが分担金比率(20%)は守るものの一部を現物で納付する方向で隔たりを狭めた。しかしジョコ大統領の政治的ライバルである軍出身のプラボウォ氏が昨年10月末に国防相に電撃起用された後、「国防予算と武器体系を全面的に検討する」とし、これまで再交渉を保留している。

全体事業費が20%の投資だったのを5%減らせと。条件はよくわからないが、15%でもゴミの練習機なんていらないだろう。だってステルス戦闘機でもないのに第5世代とかホルホルするぐらいだぞ。あんなでかいプラモデル、飛ぶかすら怪しいものな。

>インドネシア側は最初の契約よりも多くの技術移転を通じて持続的に利益を得ることを望むが、韓国側は知識財産権問題のため難しいという立場だ。こうした中、インドネシア側は事業自体を撤回することもあるという信号まで送っている。プラボウォ国防相はロシア産スホイSu-35、フランス産ラファール戦闘機、米国産F-16戦闘機のうち一部を購入するかのように天秤に掛ける姿を見せている。最近はプラボウォ国防相がオーストリアのユーロファイタータイフーンの購買に関心を見せたという報道もあった。

やはり、KFXがいらないだけではないか。経済苦とかいってるが、ステルス戦闘機でもない。欲しい技術も提供されない。こんなふざけたプラモデルに2割出資とか、それは撤回するわ。ええ?まだしてないて?管理人なら間違いなく韓国以外と交渉する。

韓国軍事、【どっちもどっちニダ】韓国・インドネシア、次世代戦闘機の共同開発を再交渉 インドネシア側は事業自体を撤回することもあるという信号

韓国交渉団が22日、次世代戦闘機(KF-X/IF-X)共同開発の条件を再交渉するためインドネシアを訪問した。インドネシアが経済事情が厳しいとして滞納している約5000億ウォン(約452億円)を韓国交渉団が受け取れるかどうかが注目される。

防衛事業庁と防衛産業業界によると、姜恩瑚(カン・ウンホ)防衛事業庁次長など防衛事業庁と韓国航空宇宙産業(KAI)の関係者およそ10人で構成された交渉団はこの日、インドネシア・ジャカルタ行きの飛行機に乗った。交渉団はインドネシア側と23日から2日間の日程でKF-X分担金比率など共同開発条件に関する再交渉をする。

今回の交渉では開発分担金比率の調整と技術の追加移転などが争点に挙がっている。両国は2015年から8兆7000億ウォンの事業費を共同負担し、2026年までに次世代戦闘機を開発、量産する案を推進してきた。インドネシアは全体事業費の20%の1兆7000億ウォンを投資し、試製機1機と技術資料を受けた後、次世代戦闘機48機をインドネシアで現地生産する計画だった。しかしインドネシアは厳しい経済事情を理由に2017年下半期から分担金を滞納している。滞納金は4月基準で計5003億ウォンにのぼる。来月には延滞金が追加で1040億ウォン増える。

両国間の再交渉は、インドネシアのプラボウォ・スビアント国防相が昨年10月末に就任して以降初めてとなる。インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は韓国を国賓訪問した2018年9月、文在寅大統領にKF-X分担金のうちインドネシアの負担率の5%縮小など再交渉を要求した。両国はジョコ大統領の昨年11月の釜山(プサン)韓国・ASEAN特別首脳会議出席を控え、インドネシアが分担金比率(20%)は守るものの一部を現物で納付する方向で隔たりを狭めた。しかしジョコ大統領の政治的ライバルである軍出身のプラボウォ氏が昨年10月末に国防相に電撃起用された後、「国防予算と武器体系を全面的に検討する」とし、これまで再交渉を保留している。

インドネシア側は最初の契約よりも多くの技術移転を通じて持続的に利益を得ることを望むが、韓国側は知識財産権問題のため難しいという立場だ。こうした中、インドネシア側は事業自体を撤回することもあるという信号まで送っている。プラボウォ国防相はロシア産スホイSu-35、フランス産ラファール戦闘機、米国産F-16戦闘機のうち一部を購入するかのように天秤に掛ける姿を見せている。最近はプラボウォ国防相がオーストリアのユーロファイタータイフーンの購買に関心を見せたという報道もあった。

インドネシア国防省の報道官は7日、「政府はインドネシアが支払う分担金比率とプロジェクトの持続可能性を考慮して再交渉を進める」とし「以前の交渉でインドネシアは分担率を15%に引き下げることを望んだが、18.8%の合意に終わった」と明らかにした。

https://s.japanese.joins.com/JArticle/270509?servcode=200

>
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る

恋ダウド (@guest_3457)
2020年9月23日 20:46

墜落、爆発、ひょっとして飛べない、完成はプラモデルで終了するかもしれない怪しげな兵器を共同開発して20%も資金の分担するぐらいな安心安全アフターフォローも安心のらF-16買う方が買うのがどう考えても正しい。
国産兵器を作ったことの無い国の兵器を買うなんて正気の沙汰では無い。早く目を覚まさないとドツボです。

迎恩門 (@guest_3458)
2020年9月24日 08:47

韓国と東南アジアの「韓国」であるインドネシアの騙しあい。
どんな予想の斜め上の結論が出ることやらw

どん西郷 (@guest_3459)
2020年9月24日 09:13
Reply to  迎恩門

よくこんな組み合わせでスタートしましたよね。
2次、3次的な一切の関与もできないアリジゴクのような案件ですね。

キジトラ (@guest_3463)
2020年9月24日 13:26

嘘つき国家どうしの騙しあい 面白いな 日本は関係ない 頑張って騙しあい そして共倒れ うわぁ 面白そうですね。

韓国経済の最新記事8件

>
4
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ