日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国社会、【さすがK原発】「台風に運ばれてきた塩分で原発停止」…不安増幅

韓国社会、【さすがK原発】「台風に運ばれてきた塩分で原発停止」…不安増幅

記事要約:先週、台風9号メイサークや台風10号ハイシェンが朝鮮半島に猛威を振るったわけだが、その中で気になった被害が風力発電の施設が真っ二つに折れたりとか、停電や水害など色々あったが、それよりも気になるのは原因不明の原発停止だった。そして、ついにその原因がでてきた。

なんと「台風に運ばれてきた塩分で原発停止」したそうだ。ええ?韓国の原発て防水加工もしてないのか。台風で原発停止した理由としては酷すぎないか?さすが、K原発だとびっくりした。

>最近、台風「メイサーク」と「ハイシェン」が通過した際に、古里(コリ)と月城(ウォルソン)で6基の原発が相次いで停止したのは、強風で飛ばされてきた塩分による内部の電力設備の故障のためだったという韓国水力原子力の独自調査の結果が出た。海辺に位置する原発では、十分に予想し、備えておくべき問題であることから、原発の安全性に対する懸念を増幅させるものとみられる。

なんと、台風で飛んできた塩分による内部の電力設備の故障だった。もはや、どこから突っ込んで良いかわからんな。あのウリの原発は世界一安全ニダとかいってなかったか?それなのに塩分で原発停止?

>韓水原の説明は、原発施設の設計や運営が気候変動による極限気象に対して脆弱であることを認めたものと見ることができる。原発は全て海辺に位置しているため、設計はもとより設備運営の過程でも、塩分対策が考慮されているべきだからだ。外部電力が長時間途絶えれば、核燃料棒が溶け落ちる事故につながりかねない。日本の福島原発事故がその例だ。

台風で原発停止だとすれば、本当に韓国に大きな地震が来たらメルトダウンするな。

>韓水原は、今回の台風が予想を超えて強力だったせいにした。韓水原の関係者は「海辺なので絶縁性能を持つように設計されているが、風があまりにも強く、波の泡沫が原発の裏山にまで吹きつけるほどだった。露出型設備が脆弱だった」と話した。

どうせ手抜き工事だろう?海辺なのに防水対策も出来てないとか。明らかにポッケナイナイだろうに。そして、やはり手抜き工事なのだ。先を読まなくてもわかる展開という。

>一方、原子力安全研究所のハン・ビョンソプ所長は「原発の外部設備は、雨水や塩水に備えて防水部品を使うことになっている。韓水原の発表どおり塩分が原因であったとしても、その大元は欠陥部品や手抜き施工の可能性がある」と述べた。2011年の日本の福島原発事故直後、韓国政府は極限的な自然災害に備え、韓水原に対し、46の補完対策を2015年までに段階的に取らせることを決めた。しかし、このうち、防水扉および防水型排水ポンプの設置▽格納容器への排気または減圧設備の設置▽主蒸気逃がし安全弁室および非常給水ポンプ室の浸水防止施設の補完の3つの対策はまだ完了していない。

大元は欠陥部品、手抜き施工の可能性がある。そりゃそうだよな。ラオスのダム決壊を見ればわかるだろう。韓国人に建物を造らせればほぼ9割ぐらいで手抜き工事じゃないか。昨日の新築マンションでコンセントから水が溢れるというのも、素晴らしい手抜き施工だった。

韓国社会、【さすがK原発】「台風に運ばれてきた塩分で原発停止」…不安増幅

韓国水力原子力による独自調査 
「泡沫が原発の裏山にまで達し 
多量の塩分が電力設備に流入」 

極限気象に対する備えがなかったもよう 
原子力安全研究所「不良部品の可能性」

台風9号メイサークが釜山に上陸した3日午前、釜山機張郡の古里原発3、4号機が稼動を停止した。同日の台風で、新古里1、2号機と合わせて4基の原子炉が順次停止した/聯合ニュース

最近、台風「メイサーク」と「ハイシェン」が通過した際に、古里(コリ)と月城(ウォルソン)で6基の原発が相次いで停止したのは、強風で飛ばされてきた塩分による内部の電力設備の故障のためだったという韓国水力原子力の独自調査の結果が出た。海辺に位置する原発では、十分に予想し、備えておくべき問題であることから、原発の安全性に対する懸念を増幅させるものとみられる。

新古里1、2号機と古里3、4号機は、台風9号「メイサーク」により、3日夜から4日未明にかけて自動停止した。7日午前には台風「ハイシェン」の影響により、月城2、3号機が相次いで停止した。韓水原は9日、これらの原発の停止の原因について、「台風が起こした波と強風の影響により、多量の塩分が発電所敷地内の電力設備に流入したため故障が発生し、この故障から発電設備を保護する装置が作動したため停止した」と発表した。

韓水原の説明は、原発施設の設計や運営が気候変動による極限気象に対して脆弱であることを認めたものと見ることができる。原発は全て海辺に位置しているため、設計はもとより設備運営の過程でも、塩分対策が考慮されているべきだからだ。外部電力が長時間途絶えれば、核燃料棒が溶け落ちる事故につながりかねない。日本の福島原発事故がその例だ。

韓水原は、今回の台風が予想を超えて強力だったせいにした。韓水原の関係者は「海辺なので絶縁性能を持つように設計されているが、風があまりにも強く、波の泡沫が原発の裏山にまで吹きつけるほどだった。露出型設備が脆弱だった」と話した。

一方、原子力安全研究所のハン・ビョンソプ所長は「原発の外部設備は、雨水や塩水に備えて防水部品を使うことになっている。韓水原の発表どおり塩分が原因であったとしても、その大元は欠陥部品や手抜き施工の可能性がある」と述べた。2011年の日本の福島原発事故直後、韓国政府は極限的な自然災害に備え、韓水原に対し、46の補完対策を2015年までに段階的に取らせることを決めた。しかし、このうち、防水扉および防水型排水ポンプの設置▽格納容器への排気または減圧設備の設置▽主蒸気逃がし安全弁室および非常給水ポンプ室の浸水防止施設の補完の3つの対策はまだ完了していない。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/37724.html

>
6 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る

ももちゃん (@guest_3254)
2020年9月11日 13:48

> 大元は欠陥部品、手抜き施工の可能性がある。そりゃそうだよな。ラオスのダム決壊を見ればわかるだろう。韓国人に建物を造らせればほぼ9割ぐらいで手抜き工事じゃないか。昨日の新築マンションでコンセントから水が溢れるというのも、素晴らしい手抜き施工だった。

パラオの橋も大崩壊でした。
日本企業の半分の金額で無理やり落札。施工。
その後、色々な欠陥が見つかるも、調査報告班は、頑なにケンチョナヨ報告・・
結果、施工からわずか10程度で突然崩落。たしか死者も出たはず。

その後、日本企業が無償で新たな橋を建築。
韓国産の橋げた(土台)を再利用しようとするも、あまりの品質の悪さに流用を断念。いちから造りなおすことに。

その後もパラオと日本の友好関係が韓国人にとって面白くないのか、ありもしない内容の捏造した歴史を記載した碑(当時、韓国人女性500人が日本兵に性奴隷にされたとかいった内容)を設置してみたり、慰安婦像を立ようと画策したりと嫌がらせ行為の連続(いまだに嫌がらせは継続中)。
ほんと根性が腐った屑民族だ。

ひふみ (@guest_3256)
2020年9月11日 14:32

ペリリュー島の話は何度みても聞いても涙。。。
「我が帝国軍人がキサマら土人と一緒に戦えるかっ!!!」

ななし~ (@guest_3251)
2020年9月11日 13:04

南朝鮮なら原発が2基どころか24基すべてが停止しても大丈夫でしょ。原子炉へウランの替わりに慰安婦像とか在日でも投げ込んで再臨界させれば、朝鮮半島全土を暖めてくれるよ~。

ひふみ (@guest_3253)
2020年9月11日 13:35

屋外開閉所の碍子に塩分付着して短絡し,原子炉自動停止って思ってた。
日本じゃ碍子洗浄装置つけて定期的に洗ってるけどね。
原発建設工事を手抜きって。。。あ。。UAEでもあったか。

通りすがりの日本人 (@guest_3257)
2020年9月11日 14:37

K原発って日光と雨には大丈夫なのか?
ソレすらダメそうだよなぁ

ナナシ【メル】 (@guest_3287)
2020年9月13日 13:19

最新情報では、台風10号の時にはメンテナンスなどの理由で実際は13基の原発が停止していたとの事です。

メンテナンス等を信用していいものだろうか、韓国だしね!!
(((((((・・;)

>
6
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ