日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、【さっさと爆発しろニダ】青天井の韓国家計向け融資、8月に過去最高の12兆ウォン増

韓国経済、【さっさと爆発しろニダ】青天井の韓国家計向け融資、8月に過去最高の12兆ウォン増

記事要約:今回の記事に出てくるカカオゲームズについては最初に説明しておく必要がある。少しはメルマガでも触れたのだが「カカオゲームズ」というIPOに応募者が殺到した。IPOとは新規上場株のことをいう。

投資が投資を呼ぶ展開となり、申し込最終競争率1千525対1となり、58兆6000億ウォンほど集まった。しかも、この投資ブームに80代や90代の老人まで参加するほどの過熱ぶり。それが、記事にどう関わるのか。これを読んで欲しい。

>借金をして住宅を買う人、借金をしてカカオゲームの公募株式に申し込んだ人、投資など考える余裕もなく、借りた資金を生活費に充てる人ーー。8月は投資ブームと苦しい生活状況を反映し、家計向け融資の増加幅が月次ベースで過去最高を記録した。

韓国人がギャンブル好きかは何か知らないが、どうやらカカオゲームズの株を購入するために家計向け融資で借金しているようだ。それによって家計向け融資の増加幅が過去最高を記録した。

ええ?家計向け融資だろ?株を買うためにあるのか?投資は自己責任であるし、借金して株なんて買えば大損してマイナスになることだってある。さすがにチャレンジャーだとしかいいようがない。

>韓国銀行が発表した8月の金融市場動向によると、先月の銀行の家計向け融資残高は前月比11兆7000億ウォン(約1兆500億円)増え、948兆2000億ウォンを記録した。増加幅は韓銀が統計を取り始めた2004年以降で最大だ。コロナ流行がピークを迎えた今年3月にも家計向け融資が急増(9兆6000億ウォン増)したが、8月ほどではなかった。

7月の家計向け融資は12兆ウォン増加と。日本円だと1兆円か。コロナピークより増えているところが笑えるな。

>家計向け融資は住宅担保ローンとその他融資(信用融資、当座貸越など)に区分される。残高ベースで73%を占める住宅担保ローンが6兆1000億ウォン増え、その他融資は5兆7000億ウォンの増加だった。全体に占める割合を考えると、その他融資の急増が特に目立ち、増加幅は8月が最大だった。

というより、あれだけ規制されているのにまだ住宅担保ローンを借りているのか。ムン君、これでは不動産価格は急騰したままだぞ。そして、その他融資も大幅に増えてると。

>通常住宅の売買契約を結び、残金を支払うまでには2カ月余りの時間差があるが、6月に住宅のパニック買いが起きたことを考えると、8月は残金を支払うために住宅担保ローンが増えたと推定される。ソウル市によると、市内のマンション取引戸数は契約日基準で5月が6000戸、6月が1万6000戸、7月が1万1000戸だった。最近賃貸物件の保証金高騰で、保証金を納めるために借り入れを行うケースもかなりあったとみられる。

これは規制される前に購入したてことか。しかも、市内のマンション取引戸数は5月から一気に増えているじゃないか。全然、バブルが弾けたように思えないな。

>その他融資が急増したのは、政府の融資規制緩和で住宅担保ローンを利用できなくなった人が信用融資や当座貸越を使って住宅を購入したケースのほか、カカオゲームズの公募株式購入など個人投資家による株式投資需要が大きかったためとみられる。

なるほどな。ムン君の政策がかえって国民の借金を増やした結果と。うん。さすが、経済の大天才といわれるだけのことはある。

韓国経済、【さっさと爆発しろニダ】青天井の韓国家計向け融資、8月に過去最高の12兆ウォン増

借金をして住宅を買う人、借金をしてカカオゲームの公募株式に申し込んだ人、投資など考える余裕もなく、借りた資金を生活費に充てる人ーー。8月は投資ブームと苦しい生活状況を反映し、家計向け融資の増加幅が月次ベースで過去最高を記録した。

韓国銀行が発表した8月の金融市場動向によると、先月の銀行の家計向け融資残高は前月比11兆7000億ウォン(約1兆500億円)増え、948兆2000億ウォンを記録した。増加幅は韓銀が統計を取り始めた2004年以降で最大だ。コロナ流行がピークを迎えた今年3月にも家計向け融資が急増(9兆6000億ウォン増)したが、8月ほどではなかった。

家計向け融資は住宅担保ローンとその他融資(信用融資、当座貸越など)に区分される。残高ベースで73%を占める住宅担保ローンが6兆1000億ウォン増え、その他融資は5兆7000億ウォンの増加だった。全体に占める割合を考えると、その他融資の急増が特に目立ち、増加幅は8月が最大だった。

通常住宅の売買契約を結び、残金を支払うまでには2カ月余りの時間差があるが、6月に住宅のパニック買いが起きたことを考えると、8月は残金を支払うために住宅担保ローンが増えたと推定される。ソウル市によると、市内のマンション取引戸数は契約日基準で5月が6000戸、6月が1万6000戸、7月が1万1000戸だった。最近賃貸物件の保証金高騰で、保証金を納めるために借り入れを行うケースもかなりあったとみられる。

その他融資が急増したのは、政府の融資規制緩和で住宅担保ローンを利用できなくなった人が信用融資や当座貸越を使って住宅を購入したケースのほか、カカオゲームズの公募株式購入など個人投資家による株式投資需要が大きかったためとみられる。

韓銀金融市場局市場統括チームは「8月には特に災難支援金効果が切れ、生活費需要でその他融資を利用するケースが前月よりも増えたと推定される」と説明した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f9a190d4bf26491a67ba5ded0e5f6e898b77a8b8

>
5 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る

ひふみ (@guest_3222)
2020年9月10日 11:06

借金して株を買い,借金して不動産を買い,借金して家賃を払う。
街にはゾンビゲームのように失業者が溢れ,失業給付金も底をつく。
IMFからの度々の警告も聞かず韓国は韓国の道を行く。

「止められないニダ。こんな気持ちいいこと止められないニダ♬」
(BOM!!!)
「んっ?」

返済できない人がどっと出現がトリガーになるのかな。

ふぇぇぇ (@guest_3223)
2020年9月10日 11:45

韓国の場合は政権の人気取りのために個人向け借金がチャラになるチャンスありますし。
借金で株や不動産を買う手もアリかもしれません。

ももちゃん (@guest_3227)
2020年9月10日 13:51

借金???
そんなもの身に覚え無いニダ!
金を貸す方が悪いニダ!!
ウリは何も悪くないニダ!!!

ひふみ (@guest_3229)
2020年9月10日 14:22

まさに韓国人だ。

ななし~ (@guest_3242)
2020年9月10日 18:26

南朝鮮の家計債務の急上昇の背景には、絶望的な失業率の高さもあるよね。そこで南鮮人にイイ働き口を見つけてきた。なんでも南朝鮮・慶尚北道の廃業した双竜セメント工場跡地に、巨大テーマパークを建設するとか。名称は数年後の南北統一に備えて、「キムバーサル・スタジオ・高麗」がお奨め~♪

>
5
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ