日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、【沈んでいく船】「韓国企業、魅力ない」…海外企業の買収合併ラブコール激減

韓国経済、【沈んでいく船】「韓国企業、魅力ない」…海外企業の買収合併ラブコール激減

記事要約:韓国企業に海外の一流企業の買収合併が激減したというのが今回のニュースだが、当たり前だよな?技術もなければ、ブランドもない。資本もなければ、ルールすら守らない。そして、何よりサムスン電子以外は相手にされない。

もう、中国はすでに韓国企業の技術なんてとっくに盗んだ後だろうし、後は沈んでいくだけという。誰が沈んでいく船の荷物を購入しようとするのか。するわけがない。

>13日の公正取引委員会によると、上半期の外国企業による国内企業のM&Aは10件で、前年同期(19件)の半数の水準に減少した。企業結合の規模(金額)も4000億ウォン(約360億円)で、1年前(3兆7000億ウォン)の10分の1水準に縮小した。最近5年間で最も低かった。欧州連合(2件)、中国(2件)、米国(1件)の企業が韓国企業を買収したことが分かった。

凄いのは昨年、買収金額が3700億円だったのに、それが今年は400億円ぐらいまで減っていると。もう、キャピタルフライトして韓国から脱出を図る企業が多数いるんだろうな。さようなら韓国。沈んでいくところをせいぜい、看取らせていただく。

>韓国企業に対する外国企業からのラブコールが減った背景には、韓国企業の成長の可能性が消えたという判断がある。現代経済研究院のチュ・ウォン経済研究室長は「最近5年間を振り返ってみると、第4次産業など新しい産業群で魅力的な韓国企業がほとんど誕生していない」とし「革新や成長の可能性のある企業が韓国にあると判断しなかったということ」と述べた。

つまり、オワコンてことだ。技術、ブランド力など買収に必要なものがない。むしろ、多額の負債を抱えているので、買収して代わりに払わされるだけという。でも、アシアナ航空はこのまま死ぬんだろうか。8月も半分ぐらいきたのに、まだしぶとく生きてるようだ。

しかし、海外企業は厳しい。既に韓国経済の状態を正確に掴んでいる。終わり逝く韓国企業など一円の価値もないからな。

韓国経済、【沈んでいく船】「韓国企業、魅力ない」…海外企業の買収合併ラブコール激減

ことし上半期の外国企業の韓国企業の買収合併(M&A)が、最近5年間で最も低い水準に減少した。韓国の高い規制の障壁と低い市場性のためという分析が出ている。

13日の公正取引委員会によると、上半期の外国企業による国内企業のM&Aは10件で、前年同期(19件)の半数の水準に減少した。企業結合の規模(金額)も4000億ウォン(約360億円)で、1年前(3兆7000億ウォン)の10分の1水準に縮小した。最近5年間で最も低かった。欧州連合(2件)、中国(2件)、米国(1件)の企業が韓国企業を買収したことが分かった。

韓国企業に対する外国企業からのラブコールが減った背景には、韓国企業の成長の可能性が消えたという判断がある。現代経済研究院のチュ・ウォン経済研究室長は「最近5年間を振り返ってみると、第4次産業など新しい産業群で魅力的な韓国企業がほとんど誕生していない」とし「革新や成長の可能性のある企業が韓国にあると判断しなかったということ」と述べた。

国内市場での外国企業間の結合も減少した。ことし上半期の外国企業間の結合は58件で、1年前(60件)より3.3%減少した。金額(129兆5000億ウォン)も最近5年間で最も低い水準を記録した。昨年(56兆ウォン)より30.2%減少した。

ことし上半期に国内企業が買収者になり行われた企業結合は合計356件(18兆8000億ウォン)だった。件数・金額とも増えた。事業構造再編などの意味のある系列会社間の企業結合は3兆5000億ウォン減少したが、成長動力の確保等のための非関連会社との結合は9兆6000億ウォン増えた。

資産5兆ウォン以上の企業集団(大企業)による結合(105件)は全体(356件)の3分の1ほどを占めた。このうち、非系列会社の企業結合件数は75件で、前年同期比28件増加した。

大企業の系列会社間の企業結合(30件)は例年の水準に回復した。系列会社間の企業結合は、企業の所有・支配構造改編のための持株会社への転換と循環出資の解消などの過程で発生する。チュ・ウォン室長は「系列会社間の企業結合は買収合併を通じた相乗効果ではなく、コスト削減効果にとどまる」と指摘した。

https://japanese.joins.com/JArticle/269212

>
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る

酔って候 (@guest_2721)
2020年8月15日 09:05

北朝鮮支援以外の外交方針が明確に見えない政権、所得主導経済という悪手としか思えない経済政策を採用する政権、世界最凶の労働組合、貧弱な内需、これまでラブコールがあったこと自体不可解。

三権文立といわれる社会制度に国民情緒法の存在など、自由民主主義体制とは似て非なる国家体制、共産主義を彷彿させる国会運営。端から見ている分には、非常に興味深い。一部報道で文大統領の支持率が4割を切った、とあったが、気にするな、ムンタン。貴方が終身大統領となることを大多数の日本人は支持して居るぞ。

Last edited 3 months ago by 酔って候
恋ダウド (@guest_2722)
2020年8月15日 10:52

これは当然と言えば当然の流れですね。
中央権力の笠の下にある労組、以上な最低賃金上昇、スマホで映画を見ながら作業できる労働者、国際法<国内法<国民感情の為遡及法によって資産没収、これだけ見ても投資する価値のある国には見えない。泥船の外装を木で覆っていたが腐って外装がはげ落ちて泥船が現れてさあ大変ってこと。
普通の人の考えなら漂流している泥船に乗ろうとは思わないよね。南朝鮮人は何故か個人が株価を支えていて泥船にしがみついているがこれは流石南朝鮮人としか言えないw
米中対立によって国家の基本方針が定まらないまま何十年も過ごしてきたツケが回ってきたと言うことなのだろう。
だがバ韓国にも希望はある。歴史に名を残すであろう天災大統領がいるからだ、だからバ韓国人は彼を信じて付いていけばいいのであるw

>
2
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ