日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、【ここでピークとなるかが焦点】「新型コロナショック」で6月の就業者35万人減…4カ月連続減少

韓国経済、【ここでピークとなるかが焦点】「新型コロナショック」で6月の就業者35万人減…4カ月連続減少

記事要約:文在寅大統領が韓国版ニューディールで、160兆ウォンを使って5年間で雇用を220万だったか。創出させるとか述べていたが、6月の就業者35万人減という。ムン君、5年なんて悠長なことを述べていたら、失業率が3割を超えてくるんじゃないか。

>統計庁が15日に発表した「6月の雇用動向」によると、先月の就業者数は2705万5000人で、1年前より35万2000人減った。3月の19万5000人減、4月の47万6000人減、5月の39万2000人減に続き4カ月連続で減少傾向を示している。4カ月連続で就業者数が減少したのは金融危機の余波があった2009年10月~2010年1月以来だ。

ここまでは想定内。問題は7月から雇用の増加となるのか。雇用減少が大幅に減らない場合、もはや、コロナ後でも劇的な回復は見込めないことになる。つまり、コロナ化では6月がピークでなければならないのだ。なぜなら、6月以降は世界はコロナの感染者を増やしながらも経済を回してきている。

だが、韓国はどうなのか。来月に答えが出てくるだろうが、災害支援金も底をついて、次はどうするかは見物だな。そもそも、韓国版ニューディールでは何も解決しない。

>15歳以上の雇用率は60.4%で前年同月比1.2ポイント下落した。同月基準では2010年6月の60.0%以降で最も低い。経済協力開発機構(OECD)比較基準である15~64歳の雇用率は65.9%で、1年前より1.3ポイント下落した。同月基準では2014年6月の65.9%以降で最も低い。

一週間で数時間働いただけで雇用になるのだから、実際、60.4%なんてデタラメな数値だろう。実態はもっと酷いことは想像できる。そもそも、若者は韓国に未来などあるとか、本気で思っているのか。しかし、ムン君は楽だよな。全ての経済対策の失敗をコロナのせいにしておけばいいのだから。

韓国経済、【ここでピークとなるかが焦点】「新型コロナショック」で6月の就業者35万人減…4カ月連続減少

新型コロナウイルスの余波で6月の就業者数が35万人以上減った。失業率は4.3%で過去最高を記録し、15歳以上の雇用率は2010年以降で最低となった。

統計庁が15日に発表した「6月の雇用動向」によると、先月の就業者数は2705万5000人で、1年前より35万2000人減った。3月の19万5000人減、4月の47万6000人減、5月の39万2000人減に続き4カ月連続で減少傾向を示している。4カ月連続で就業者数が減少したのは金融危機の余波があった2009年10月~2010年1月以来だ。

15歳以上の雇用率は60.4%で前年同月比1.2ポイント下落した。同月基準では2010年6月の60.0%以降で最も低い。経済協力開発機構(OECD)比較基準である15~64歳の雇用率は65.9%で、1年前より1.3ポイント下落した。同月基準では2014年6月の65.9%以降で最も低い。

経済活動人口は2828万3000人で、前年同月より26万2000人減った。非経済活動人口は昨年同月より54万2000人増えた1649万2000人となった。

失業者数は9万1000人増えた122万8000人で、同月基準1999年の148万9000人以降で最も多かった。失業率は0.3ポイント上がった4.3%で、同月基準で統計作成を始めた1999年以降最も高くなった。

https://japanese.joins.com/JArticle/268100?servcode=300

>
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
>
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ