韓国軍事、【金になるなら何でも売るニダ】F22ラプターの機密を不正持ち出した韓国企業役員、米国で起訴


韓国軍事、【金になるなら何でも売るニダ】F22ラプターの機密を不正持ち出した韓国企業役員、米国で起訴

記事要約:米国の最先端戦闘機、ミサイル、ドローンなどを制御する技術を不正に持ち出した韓国の軍需企業関係者が米国で起訴されたようだ。軍事機密を不正に持ち出す。行き先は中国やロシアだろうな。

>米VOA放送は8日、米国の兵器メーカー2社から取得した機密情報を韓国に持ち出したとして、韓国の軍需企業役員P氏が米国の裁判所で判決を控えていると報じた。

しかも、役員らしい。役員の地位を利用して軍事技術のデータを不正コピーでもしていたのか。と、思ったら開発担当者らしい。それは良く知ってるよな。

本紙が入手したP氏の起訴状によると、P氏は2007年9月まで米国の軍需企業A社で戦闘機の武装システムのソフトウエアを開発した。また、07年10月から08年10月までB社でミサイルなどに関するソフトウエア開発業務を担当した。P氏は11年に韓国に帰国した。

いやいや、こんなスパイを米国の軍需企業は雇うなよ。韓国人なんかを雇うから機密情報が持ち出されるのだ。しかも,それが開発担当者とか。

>韓国メディアはこれまでP氏に関する記事で、米国で戦闘機などを専門的に生産するロッキード・マーティン、レイセオン、ボーイングなどで勤務したと報じてきた。特にP氏は米国の最先端戦闘機F22ラプターの武装システムソフトウエアの設計責任者を務めていたとされる。その点からみて、起訴状に明確な説明はないが、P氏がA社から持ち出した武装システムに関連する情報はF22ラプターと関係がある可能性がある。

これはラプターの武装システム全てをアップグレードするべき案件だよな。なんなら最初から組み直すべきだ。

>韓国に戻ったP氏は11年11月、N社を設立した。同社は米国の軍事機密に関係する業務を行う会社ではなかった。しかし、P氏は14年11月、意図的に韓国航空宇宙産業(KAI)関係者に機密が含まれたプレゼンテーションを行い、そこにA社から獲得した情報が含まれていたという。

そして、今度はその情報を韓国に売ろうとしていたと。開発担当者として金をもらって、さらに金儲けかよ。

>このほか、VOA放送によると、米裁判所は先月、韓国人実業家J氏が米国の「軍事戦略物資品目」を購入し、中国企業に転売したとする起訴状を公開した。J氏は軍事目的に転用できる「無線周波数増幅器」「電力増幅器」などを韓国に輸入すると偽り、実際には中国に輸出した。これら製品は先端航空機やレーダー製造にも使われる可能性があるため、事前許可を受けた業者だけが購入できる。

そして、今度は韓国人実業家が中国企業に転売したと。本当,韓国人はこんなのばかりだな。

>米連邦検察当局は14年、J氏に対する公訴状を提出し、17年にニュージャージー州、18年にワシントンの連邦地裁に起訴した後、事件を非公開で処理していたが、今年6月8日に公表した。捜査開始から6年後、起訴から3年後のことだった。このため、米裁判所が起訴事実を公開したのは、中国とセンシティブな技術を取引しようとする韓国企業に警告を発するのが目的ではないかとの見方が出ている。

これって、つまり、米韓関係がかなり揺らいでいるてことだよな。てめえらのやることはお見通しなんだぜという警告なんだろう。管理人は最初から,重要なシステム開発に韓国人なんかをいくら腕が良くても雇うなといいたいが、最初は非公開だったらしい。しかも、6年後に公開という。

韓国軍事、【金になるなら何でも売るニダ】F22ラプターの機密を不正持ち出した韓国企業役員、米国で起訴

韓国の軍需企業関係者が米国の先端戦闘機、ミサイル、ドローン(小型無人機)などを制御する技術を不正に持ち出したとして、米国で起訴されたことが分かった。

 米VOA放送は8日、米国の兵器メーカー2社から取得した機密情報を韓国に持ち出したとして、韓国の軍需企業役員P氏が米国の裁判所で判決を控えていると報じた。

 本紙が入手したP氏の起訴状によると、P氏は2007年9月まで米国の軍需企業A社で戦闘機の武装システムのソフトウエアを開発した。また、07年10月から08年10月までB社でミサイルなどに関するソフトウエア開発業務を担当した。P氏は11年に韓国に帰国した。

 P氏が関与した米兵器メーカーの技術は機密事項であり、米国以外に持ち出すことはできないものだった。米検察はP氏が持ち出した技術がミサイル、ロケット、魚雷、爆弾を制御し、飛行機の隊列にも関係する技術だったと説明した。

 韓国メディアはこれまでP氏に関する記事で、米国で戦闘機などを専門的に生産するロッキード・マーティン、レイセオン、ボーイングなどで勤務したと報じてきた。特にP氏は米国の最先端戦闘機F22ラプターの武装システムソフトウエアの設計責任者を務めていたとされる。その点からみて、起訴状に明確な説明はないが、P氏がA社から持ち出した武装システムに関連する情報はF22ラプターと関係がある可能性がある。

 韓国に戻ったP氏は11年11月、N社を設立した。同社は米国の軍事機密に関係する業務を行う会社ではなかった。しかし、P氏は14年11月、意図的に韓国航空宇宙産業(KAI)関係者に機密が含まれたプレゼンテーションを行い、そこにA社から獲得した情報が含まれていたという。

 P氏はKAI以外にも他の韓国の軍需企業にも機密内容を含む説明を行った。米検察は「P氏が軍需企業から契約を取るためにそうした行為に及んだ」と指摘した。

 P氏は昨年8月、米捜査当局に逮捕され、今年6月12日に米裁判所で米国の「武器輸出規制法」と「国際武器取引規定」に違反した罪を認めた。P氏が認めた罪は本来最高で禁錮20年、罰金100万ドル(約1億700万円)の判決が下される可能性がある。

 しかし、P氏が有罪を認めて和解したことから、米政府は禁錮3年以上の刑を望まないとする意見書を裁判所に提出した。裁判所は9月にも判決を下す予定だ。

 このほか、VOA放送によると、米裁判所は先月、韓国人実業家J氏が米国の「軍事戦略物資品目」を購入し、中国企業に転売したとする起訴状を公開した。J氏は軍事目的に転用できる「無線周波数増幅器」「電力増幅器」などを韓国に輸入すると偽り、実際には中国に輸出した。これら製品は先端航空機やレーダー製造にも使われる可能性があるため、事前許可を受けた業者だけが購入できる。

 米連邦検察当局は14年、J氏に対する公訴状を提出し、17年にニュージャージー州、18年にワシントンの連邦地裁に起訴した後、事件を非公開で処理していたが、今年6月8日に公表した。捜査開始から6年後、起訴から3年後のことだった。このため、米裁判所が起訴事実を公開したのは、中国とセンシティブな技術を取引しようとする韓国企業に警告を発するのが目的ではないかとの見方が出ている。

ワシントン=趙儀俊(チョ・ウィジュン)特派員

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/10/2020071080108.html

2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
酔って候
2020年7月12日 05:54

何の驚きも感じない。金の亡者なのだから当然。
 
懸念される問題は、F35の整備拠点を韓国内に作る、というロッキード・マーティンの提案がどうなるのか、という点。
「日本で整備などあり得ないニダ。」と韓国軍は叫んでいるそうで、これを受けての提案だったようです。
 
真の狙いは、韓国内に整備拠点を作らせ、そこで得た機密を支那や露西亜に売ってぼろ儲け、かな。

ナナシ【メル】
2020年7月12日 12:08

韓国がWTOへ提訴した日本の輸出管理強化へ反対した理由を一部出してきたと思う。

最後はWTOか安保理で、日本が輸出管理強化の理由としてフッ化水素の件を報告する形にするのかと期待してます。
o(^-^o)(o^-^)o

2
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x