日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、(打ち上げ花火はお預けニダ)初の国産ロケット「ヌリ号」打ち上げ半年延期へ

韓国経済、(打ち上げ花火はお預けニダ)初の国産ロケット「ヌリ号」打ち上げ半年延期へ

記事要約:最初から、韓国の国産ロケットの打ち上げが来年の2月なんて無理とは思っていたが、どうやらコロナ化の理由で打ち上げを半年ほど延期するようだ。まあ、最近は何でもコロナを理由に言い訳できるものな。そういう意味では国としては楽だよな。

コロナがーといっておけば、それで国民は渋々納得するのだから。ただの技術不足からきていてもコロナと。でも、ホリエモンロケットはコロナ化でも打ち上げていたぞ。

>韓国航空宇宙研究院のチョ・サンヨン発射体保証チーム長は今月3日、韓国科学記者協会のサイエンスメディアアカデミーで「ヌリ号が2段目の性能を立証し、1・2段目の最終試験段階に入ったが、新型コロナウイルスの影響があるほか、国内企業が担当する部品の信頼性が確保できていない」と述べた。

どうせ打ち上げ花火になるのはわかりきっているのだから、もったいぶらずに打ち上げればそれなりのデータが取れるというのにな。慎重にやることも重要だが,時には最初だからと、ある程度は形に入れば打ち上げして失敗したデータ取得も悪くないだろうに。

最初から成功できるほどロケットの打ち上げは甘くない。これではホリエモンロケットに負けてしまうぞ。国の威信をかけたのが、日本の民間企業のロケットにも勝てないとか。それで良く先進国とホルホルできるよな。

韓国経済、(打ち上げ花火はお預けニダ)初の国産ロケット「ヌリ号」打ち上げ半年延期へ

韓国が独自開発している3段式宇宙ロケット「ヌリ号」の初の打ち上げが部品製作に支障が生じたため、当初予定の来年2月から半年後に延期される可能性が高まった。

韓国航空宇宙研究院のチョ・サンヨン発射体保証チーム長は今月3日、韓国科学記者協会のサイエンスメディアアカデミーで「ヌリ号が2段目の性能を立証し、
1・2段目の最終試験段階に入ったが、新型コロナウイルスの影響があるほか、
国内企業が担当する部品の信頼性が確保できていない」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/06/2020070680002.html

>
3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ひふみ
2020年7月6日 09:18

>「国内企業が担当する部品・・・」 あー。この時点で無理だわ。
>「部品の信頼性が確保できていない」 なので、検査基準値を下げます。
月探査は2022年だったかな。誰が乗るのかしらないけど、いるのかな?>飛行士。

ももんが
2020年7月6日 12:25
Reply to  ひふみ

何かあると火病して他人のせいにする民族に宇宙飛行士なんて務まりませんよね。

零戦搭乗員マア中国政府としては、武漢ウィルスで死ななければそれでいい。
2020年7月6日 18:21
Reply to  ひふみ

韓国の月ロケットにのり、失敗して元々、成功したら英雄に成れる。と言うので就職出来ない、此のままでは自殺しかない若者も乗るかも?マア、零戦特攻隊よりは生還率があるか?

>
3
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ