韓国社会、【医療】中国シノバック社のコロナワクチン、インドネシアに第一便が到着


韓国社会、【医療】中国シノバック社のコロナワクチン、インドネシアに第一便が到着

記事要約:なんと、中国のシノバック社がコロナワクチンをインドネシアに送ったようだ。韓国も送ってもらえば良かったんじゃないか。すごいよな。イギリスのワクチン接種が始まった直後に、中国がインドネシアに第一便のワクチンだ。タイミングが良すぎるというかおかしいとしかいいようがない。

>インドネシアのジョコ大統領はオンライン会見で、中国科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)社製の新型コロナウイルスワクチンの第1便が6日に到着したことを明らかにした。到着したのは120万回分。政府は大規模接種プログラムを準備しており、8月からこのワクチンの治験を行なっている。

さすがに管理人は中国製やロシアのワクチンは打ちたくないな。まあ、ファイザーのワクチンやモデルナのワクチンだってできれば打ちたくない。しかし、新型コロナウイルスがどうなるかさっぱりわからない。このまま収束すればいいんだが。そう簡単にいくはずもない。

韓国社会、【医療】中国シノバック社のコロナワクチン、インドネシアに第一便が到着

インドネシアのジョコ大統領はオンライン会見で、中国科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)社製の新型コロナウイルスワクチンの第1便が6日に到着したことを明らかにした。到着したのは120万回分。政府は大規模接種プログラムを準備しており、8月からこのワクチンの治験を行なっている。

ジョコ大統領によると、インドネシアは1月初旬に180万回分を追加で受領する。同ワクチンはブラジルとトルコでも最終段階の治験が進行。ブラジルでは有効性に関する中間結果が12月半ばまでに判明する。

このほか大統領は、ワクチン製造に必要な原材料を調達することも明らかにした。今月に1500万回分、来月に3000万回分を受け取る。

ワクチンの使用にはまだ食品・医薬品当局の審査が必要だが、この間に政府は配布の準備を継続するという。

ジョコ大統領は、「われわれは複数の州で何カ月もシミュレーションを通して準備してきた。ワクチンの接種開始を決定すれば、すべての準備が整うと確信している」と述べた。

同国の感染者数はここ数週間増加しており、6日時点の累計は57万5796人、死者は1万7740人で、東南アジアで最多となっている。


https://stab.thench.net/threads/thread_top_left_300x250https://stab.thench.net/threads/thread_top_right_300x250

1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
治部少輔
2020年12月8日 18:10

ハラル無しのワクチンは戒律上接種できないと思います。

1
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x