日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、【崖から飛び降りる日はいつですか】自動車・携帯電話・有機ELすべて輸出の崖…「苦難の行軍」が始まった

韓国経済、【崖から飛び降りる日はいつですか】自動車・携帯電話・有機ELすべて輸出の崖…「苦難の行軍」が始まった

記事要約:新型コロナウイルス【武漢肺炎】の影響が徐々に実体経済の数値となって現実化してきたことで、韓国の輸出は24%減、99ヶ月ぶりに貿易赤字が9億5000万ドルと、韓国の輸出が最大のピンチを迎えている。

ええ?さっき、K・プレミアムがどうとか言ってなかった?そういう記事を書かないと現実の酷さを忘れることができないのだ。つまり、逃避行動である。しかし、逃げたところで韓国経済破綻は確実に迫っており、このサイトはそれを看取るのが第一目標である。では、前置きはこれぐらいにして記事を見ていこう。

輸出の崖がどうとか書いてあるが、そもそも、韓国の輸出は2019年末、コロナの発覚前の時でも、半導体ぐらいしか回復兆しがなかったはずだ。その中で現代自動車が頑張っていた記憶はあるが、他は軒並み駄目だった。むしろ、ずっと崖っぷちだよな。

でも、この先、めでたく命綱もなしに飛び降りることになったのだ。でも、アカギのチキンランの話だと、走って勢いよく飛べば助かるんだ。このまま崖が怖いと恐れているのではなく、思い切って破産したほうが良いんじゃないか?

>3月の販売台数で比較的打撃が小さかった現代自動車グループも販売の崖を迎えた。現代自動車が前年同期比38.7%、起亜自動車が38.3%減少した。現代自動車グループの高級車ブランドであるジェネシスも49.8%販売が減った。先月には現代自動車が11.3%減、起亜自動車が1.0%増など比較的善戦した。

それは3月頃の米国では新型コロナウイルスがインフルエンザだと思われていたからな。それから米国でも検査が始まり、ここ数か月で、感染者100万を超えて、10万人以上の人が死ぬことになるかもしれない。新車なんか買っている場合ではないという。それで競合企業より善戦したとかあるが、それが一体、どうしたというのだ。現実は約4割の販売減である。しかも、5月はこれを超える可能性が高い。まあ、自動車はどこも辛い現実だ。次はギャラクシー。

>サムスン電子のスマートフォンのうち最上級製品であるギャラクシーS20も米国市場で振るわない成績を収めたと分析された。先月6日の正式発売後から1度も週20万台以上の販売に達していないものと集計された。新型コロナウイルス以外に第5世代(5G)スマートフォンに対する米国の消費者の低い需要がS20の不振に影響を及ぼした。相対的に高い価格も販売不振のひとつの要因と指摘される。

それは目玉が回線速度が速くなる5Gではそれほど魅力はないだろう。そもそも値段が高いという。そして、アップルは値段が安いiPhoneSE2を販売しだした。サムスン電子はそれに対応できていない。既にコロナ不況を見れば高額商品はこれから避けられる。ギャラクシーS20が売れる可能性はもうない。

>米ITメディアのフォーンアリーナなどは最近市場調査会社エムサイエンスを引用して「ギャラクシーS9とS10は発売後2週目にそれぞれ50万台と40万台売れたが、S20は米国発売から7週間で1度も20万台以上売れたことがない」と報道した。前作の半分に満たない水準だ。

つまり、ギャラクシーS20に魅力がなかったてことだろう。しかも、値段は高額だもんな。

>韓国ディスプレー産業の砦である有機EL輸出も4月は急減した。有機ELは中国の攻勢に押されて手放した液晶パネルに代わりディスプレー強国の自尊心を継続する「希望」だった。韓国のディスプレー業界の4-6月期実績も厳しい状況になった。

これについて、サムスン電子すら、韓国産のディスプレイをギャラクシーに使わずに中国のBOEのOLEDパネルの採用を検討しているという。もはや、韓国のディスプレイ業界も中国勢に淘汰される時代がやってきた。有機ELにも韓国の優位性が消えたことになる。

これは由々しき問題だ。つまり、輸出が奇跡的に回復しても、もう有機ELは中国勢の勢いは止まらないことになる。こうなってくると、韓国の希望は「半導体」しかなくなる。いつか、管理人は中国勢に韓国産が淘汰される時代がやってくると述べていたが、いよいよ、チェックメイトまで来ているな。後、数年で半導体も負けるんじゃないか。

>4月の有機ELパネル輸出は5億3600万ドルで、前年同月比25.2%減少した。2016年6月の5億2500万ドル以降で最も少ない。新型コロナウイルスの影響で有機ELが搭載されるスマートフォンとテレビの生産と需要が大きく減少したことが原因と分析される。韓国半導体ディスプレー技術学会のパク・ジェグン会長は、「ディスプレーは通常1~2週間前に注文を受けて組み立て・生産をするためパネル需要減少の影響がすぐに現れる」と説明した。

これについてはiPhoneSE2がどれだけ売れるかも注目だ。サムスン電子が次の手を打てない中、アップルが出した新商品を消費者がどう見るのか。実際、テレビ生産は苦しいだろう。

東京五輪が延期でのテレビ需要が一気に消えたからな。それに欧州サッカープレミアムリーグ、米国のアメフトなどのスポーツも中止。スポーツ観戦が楽しめない事態である。日本のプロ野球も6月から無観客試合をやるとかのべているが、まだどうなるかわからない。大相撲は中止だったか。まあ、そんなところでテレビ需要が急減している。

でも、反面、ネットフィリクスなど動画配信サイトは過去最高の売り上げだったりするので、家にいることでの「需要」があるものは強い。どうぶつの森の新作が出た任天堂だってそうだ。スイッチを品切れにするほど大人気である。

管理人はどうぶつの森より、FF7Rを購入したからなあ。今、ようやくエアリスを仲間にしたところまで進めた。これで20時間ぐらいかかっている。まあ、管理人のゲーム事情はいいか。

>仁荷大学国際通商学科のチョン・インギョ教授は「輸出不振はこれからが始まり。今後韓国経済の対外信任度を後押しする経常収支悪化も避けられない」と話した。

これを管理人は楽しみにしている。経常収支がどうなるか。管理人は赤字になると思っている。そして、資本収支は大幅プラスを予想。まあ、わかるのはまだ先だが。

輸出不振はこれからがはじまり。5月、6月辺りが1番面白いとおもう。この2ヶ月間の韓国経済は特に注目だ。大手企業がドーンと倒産する。双竜自動車、大韓航空、アシアナ航空、他LCCなどが本命である。中小企業の倒産とかでは物足りないからな。

韓国経済、【崖から飛び降りる日はいつですか】自動車・携帯電話・有機ELすべて輸出の崖…「苦難の行軍」が始まった

韓国では新型コロナ発の「輸出の崖」が産業現場のあちこちで現実になっている。新型コロナウイルスの影響で国際貿易が凍りつき、すでに4月の輸出は前年比24.3%急減し、当然視されていた貿易黒字は99カ月ぶりに赤字に転落した。

3日の業界と産業通商資源部によると、4月の米国自動車販売は急減した。米国は世界の自動車市場のバロメーターだ。韓国自動車業界も「苦難の行軍」が始まったとの分析が出ている。現代・起亜自動車の場合、競合企業より販売減少幅が小さいということはそれなりに慰めだ。

世界の自動車ブランドの米国販売台数集計を総合した結果、現代自動車グループは4月の米国市場販売が38.7%減少した。他国に比べ遅く移動制限と生産中断に入った米国の実体経済への打撃が本格化したのだ。

3月の販売台数で比較的打撃が小さかった現代自動車グループも販売の崖を迎えた。現代自動車が前年同期比38.7%、起亜自動車が38.3%減少した。現代自動車グループの高級車ブランドであるジェネシスも49.8%販売が減った。先月には現代自動車が11.3%減、起亜自動車が1.0%増など比較的善戦した。

競合企業の減少幅はもっと大きかった。米国最大の自動車メーカーであるゼネラルモーターズ(GM)は先月の販売台数が46.7%減った。フォードとフィアット・クライスラーもそれぞれ46.9%販売が減った。文字通り半減した格好だ。

米国市場で強気を見せてきた日系自動車メーカーの不振はさらに深刻だ。トヨタとホンダは4月に米国市場で販売が54%減少した。日産は63%減少という衝撃的な成績表を受け取った。

米国の自動車業界は4月の新車販売が62万台にとどまったものと集計された。金融危機当時の2009年4月の65万5000台よりも少ない数値だ。米経済放送CNBCは「1980年に新車販売集計が始まってから最も低い月間販売数」と報道した。市場調査機関IHSマーケットは最近の報告書で今年の世界の乗用車生産は前年比22%減少の6960万台にとどまると予想した。

サムスン電子のスマートフォンのうち最上級製品であるギャラクシーS20も米国市場で振るわない成績を収めたと分析された。先月6日の正式発売後から1度も週20万台以上の販売に達していないものと集計された。新型コロナウイルス以外に第5世代(5G)スマートフォンに対する米国の消費者の低い需要がS20の不振に影響を及ぼした。相対的に高い価格も販売不振のひとつの要因と指摘される。

米ITメディアのフォーンアリーナなどは最近市場調査会社エムサイエンスを引用して「ギャラクシーS9とS10は発売後2週目にそれぞれ50万台と40万台売れたが、S20は米国発売から7週間で1度も20万台以上売れたことがない」と報道した。前作の半分に満たない水準だ。

韓国ディスプレー産業の砦である有機EL輸出も4月は急減した。有機ELは中国の攻勢に押されて手放した液晶パネルに代わりディスプレー強国の自尊心を継続する「希望」だった。韓国のディスプレー業界の4-6月期実績も厳しい状況になった。

4月の有機ELパネル輸出は5億3600万ドルで、前年同月比25.2%減少した。2016年6月の5億2500万ドル以降で最も少ない。新型コロナウイルスの影響で有機ELが搭載されるスマートフォンとテレビの生産と需要が大きく減少したことが原因と分析される。韓国半導体ディスプレー技術学会のパク・ジェグン会長は、「ディスプレーは通常1~2週間前に注文を受けて組み立て・生産をするためパネル需要減少の影響がすぐに現れる」と説明した。

仁荷大学国際通商学科のチョン・インギョ教授は「輸出不振はこれからが始まり。今後韓国経済の対外信任度を後押しする経常収支悪化も避けられない」と話した。

https://japanese.joins.com/JArticle/265535?sectcode=300&servcode=300

>
9 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
迎恩門
2020年5月4日 22:54

「地道にコツコツ」とか「額に汗して働く」をとことん嫌う韓国人ですからねぇ。先行製品をコピーして政府補助金ブーストの焼き畑商法戦術でこれまでシェアを伸ばしてきたけど、宗主国様がそれを拡大再生産でマネして今や完全に行き詰まり。経済協力を頼もうにも世界中で韓国人ルール違反は知れ渡っており、どこからも相手にされず。国内は際限ない賃上げを求める暴力労組と、企業の負担を増やすことに熱心な政府…「武漢肺炎ショック」がなくてもいずれ「輸出で外貨を稼ぐ」ことは不可能になっていたでしょう。

文ラブ
2020年5月5日 04:01

我々日本人は当たり前に崩壊し消えていく韓国を黙って観ているだけですね。 壊れ尽きたところで襟をただすまで。 腐った塩漬けを仕方なしに損切りする感じでしょうね。 解放される事、先のアジアの方が魅力的でしょう。 ねたみから始まったミエ。 ミエにあわせてのねつ造。 それらを隠す為の反日。 見放されても日本のせい。 そして崩壊。らしくていいじゃないですか。

オバマ
2020年5月4日 22:41

自動車については米国市場で3月に続き4月も日系が苦戦している。相変わらずの現代・起亜の新車安売り攻勢が一因だと思うが、迷惑なので此の機会に潰れてくれないかな。
有機ELやスマホも落込み韓国のボーナスタイムは狭まっているようですが、このまま韓国が貿易赤字・経常大赤字を続けても、日本が困らないように日本企業は販路開拓や輸入先開拓に励んでください。

2020-05-04
2020年5月4日 22:57

あの民族終わるの楽しみ 日本にまたバブル到来。

ROCK
2020年5月5日 01:10

確か、輸入も十数%減っていた上での、輸出の24.3%が減での貿易赤字。
経済の縮小が凄くなってる。特に韓国では輸入の縮小はさらなる生産の縮小を招く。
失業者や無給休暇はどんどん発表されているが、たぶん個人の破産はそれ以上だろう。
ただし、これが入口。やっと行くべき道に入ったところ。
まあ、パラサイト生活ができる人が多そうだし。なかなかしぶといか?

2020-05-04
2020年5月4日 22:54

あの民族 終わるの楽しみ、日本にバブル到来
かも❓

カッパ
2020年5月5日 01:12
Reply to  2020-05-04

外国行って一人飯食べてる大統領 国よりのメディアに乗せられ信じ切ってる国民恐怖政治の北の独裁者とうまくやっていけると本当に思ってるのですか もう中国の一員なってください

投稿日
2020-05-05
恋ダウド
2020年5月5日 01:11

現代自動車がインドでの4月の販売台数が0台だったそうですw

hitu9055
2020年5月5日 07:32

日本製に成りすまし商法も もぅバレてしまった、韓国製の物なんか ただ(無料)でも要らない!

>
9
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ