日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、【ムン君のせいではないニダ!】コロナの前から大企業の経営「赤信号」 純利益半分、負債増

韓国経済、【ムン君のせいではないニダ!】コロナの前から大企業の経営「赤信号」 純利益半分、負債増

記事要約:全く今回の記事はけしからん。ムン君は韓国経済は新型コロナで危機的な状況だが、本来は「良好」だと述べている。一体、どの当たりが良好だったかは管理人は知らないが、とにかくムン君は4月15日の韓国総選挙で圧勝した。

それはムン君の3年間が認められたてことだ。つまり、今までの3年間は白紙である。何をやっていたかなんて気にしなくてよい。些細なことだ。大事なのは「未来」ではないだろうか。だから、コロナの前から大企業の経営「赤信号」で、純利益が半分、負債が増加しているなどは全てムン君のせいではない。

>公正取引委員会が3日、「公示対象企業集団」に指定された総資産5兆ウォン以上の大企業グループの64ヶ所の昨年の当期純利益は48兆ウォンで1年前より半分近く(48.1%)減少した。半導体・石油化学業況不振にサムスン(-19兆7000億ウォン)及びSK(-14兆7000億ウォン)及びLG(-3兆5000億ウォン)などの純利益が減少したためだ。大企業集団の純利益は、過去2017年の頂点を撮った後、すぐに次の年から下落した。これらの大企業の売上高も1401兆6000億ウォンで、前年比1.4%減少した。

いやあ。ムン君は経済の大天才なのに、新型コロナウイルス【武漢肺炎】のせいで、こんな酷い状況になっている。これも全てコロナが悪い。そもそも、ムン君の目的は財閥潰し。つまり、これは計画通りの事が運んだ結果なのだ。

>大企業の負債の負担も増えた。大企業集団の昨年の負債比率は71.7%で、1年前と比べて3.9%ポイント増加した。特に最近コロナ事態に直撃弾を受けている錦湖アシアナグループの負債比率は、1年の間に364.8%ポイントで最も多く増えた。教保生命保険(46.4%ポイント)及びKCC(44.8%ポイント)も借金が急増した企業集団で選ばれた。

そうだな。韓国では倒産件数が劇的に増えているが、やはり、大手がドーンと倒産してくれた方が衝撃が大きい。だから、アシアナ航空や大韓航空辺りを管理人は注目しているのだが、今のところ、ムン君の支援のおかげで延命している。だが、アシアナ航空は身売り先の現代産業開発が買収に待ったをかけた状態。このまま買収しないとかになれば一気に死ぬかもしれない。だが、ムン君のおかげで大企業が資産を増やしている事例もあるようだ。

>公取委が毎年指定する公示対象企業集団は、今年64の場所に2016年(65)以来、最も多かった。今年は私募投資ファンド(PEF)のIMMインベストメントが初めて大企業集団に進入した。KGグループも昨年KG東部製鉄引数として初めて指定された。総資産順位にはカカオグループ(総資産14兆2000億ウォン)が昨年32位から23位に、ネットマーブル(8兆3000億ウォン)が57位から47位に躍進した。カカオは韓国カカオ銀行などの新規子会社編入、ネットマーブルはコーウェイ引数として資産が増加したためである。

コーウェイ引数ってなんだろうな。日本語訳で変になっているだけかもしれない。まあ、いいか。とりあえず、カカオグループやネットマーブルは資産を増やしていると。

韓国経済、【ムン君のせいではないニダ!】コロナの前から大企業の経営「赤信号」 純利益半分、負債増

国内大手の経営実績が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)拡散前の悪化したことが分かった。昨年中輸出不振が続いてて見たら利益は減少したが、負債が増えた。

公正取引委員会が3日、「公示対象企業集団」に指定された総資産5兆ウォン以上の大企業グループの64ヶ所の昨年の当期純利益は48兆ウォンで1年前より半分近く(48.1%)減少した。半導体・石油化学業況不振にサムスン(-19兆7000億ウォン)及びSK(-14兆7000億ウォン)及びLG(-3兆5000億ウォン)などの純利益が減少したためだ。大企業集団の純利益は、過去2017年の頂点を撮った後、すぐに次の年から下落した。これらの大企業の売上高も1401兆6000億ウォンで、前年比1.4%減少した。

大企業の負債の負担も増えた。大企業集団の昨年の負債比率は71.7%で、1年前と比べて3.9%ポイント増加した。特に最近コロナ事態に直撃弾を受けている錦湖アシアナグループの負債比率は、1年の間に364.8%ポイントで最も多く増えた。教保生命保険(46.4%ポイント)及びKCC(44.8%ポイント)も借金が急増した企業集団で選ばれた。

ただし総資産基準上・下位集団間実績の格差は減少した。昨年指定された大企業集団の上位5社の資産は、企業全体の集団資産の54%を占めた。今年は比重は52.6%に減少した。この期間の純利益率も72.2%から68.5%に低下した。

大企業集団、IMM及びKG最初進入

公取委が毎年指定する公示対象企業集団は、今年64の場所に2016年(65)以来、最も多かった。今年は私募投資ファンド(PEF)のIMMインベストメントが初めて大企業集団に進入した。KGグループも昨年KG東部製鉄引数として初めて指定された。総資産順位にはカカオグループ(総資産14兆2000億ウォン)が昨年32位から23位に、ネットマーブル(8兆3000億ウォン)が57位から47位に躍進した。カカオは韓国カカオ銀行などの新規子会社編入、ネットマーブルはコーウェイ引数として資産が増加したためである。

公取委が指定する公示対象企業集団は総資産5兆ウォンを超える大企業グループである。市場シェアに与える影響が大きいみる大規模な内部取引は、株式所有現況などの情報開示、申告義務が付与される。

ジョンチャンウク公取委企業集団政策課長は「今年から3年ごとに発表した金融・保険会社の議決権行使状況を毎年分析して発表し、株式所有、債務保証、内部取引の現状などの分析企業を高めて高品質の情報を市場に提供する計画”と強調した。

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc%26sid1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day%26oid%3D025%26aid%3D0002997704%26date%3D20200503%26type%3D1%26rankingSeq%3D8%26rankingSectionId%3D101&usg=ALkJrhgmMgkvcSAVNIyV0CV8wx47uUxMPA

>
2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
オバマ
2020年5月4日 09:41

今後、輸出依存、貿易依存の韓国は厳しい状況に置かれる訳ですが、出鱈目な経済政策で経済の柱である大企業は息絶え絶えで、支援が必要なので、雇用確保の為に必死に政府支援している。しかし、政府や公企業は借金漬けで、外資の流入どころか外国工場の国内回帰も難しく、それに使うお金が残っていないようですし、韓国企業に国内回帰のメリットが有りません。
4,000億ドルの外貨準備の全額が使える真水だったとしても、外貨建ての公債務はその2倍有る純債務国ですよ。貸手が手を引けばデフォルトする国なのです!

ROCK
2020年5月5日 00:44
Reply to  オバマ

何かで読んだけど、米国側からの米国債の保有の数値の発表では韓国の保有は1000億ドル
を割り込む程度だった。後は怪しげな数字の操作とジャンク債ぐらいか?
為替スワップで600億ドルも借りて、もうだいぶ使って、利子つきの返済どうするのよ。
といいたいところだが、これで普通なのが韓国人。

>
2
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ