韓国経済、【妄想】韓国自動車業界「今年はトヨタをとらえるチャンスだったのに」


韓国経済、【妄想】韓国自動車業界「今年はトヨタをとらえるチャンスだったのに」

記事要約:昨年の韓国自動車生産台数は400万台以下。自動車部品メーカーの半分は倒産の危機。これが2019年末の韓国自動車業界。確かに現代自動車はその中でも善戦していたが、それでも、「今年はトヨタをとらえるチャンスだったのに」とか、意味不明なことを言い出すような業績ではなかった。捉えるも何も周回遅れだろうに。

>「今年、現代・起亜自動車は日本のトヨタをとらえられるチャンスだったのに、新型コロナウイルスで駄目になるかもしれない」

凄いよな。新型コロナウイルス【武漢肺炎】がなければトヨタを捉えられる自信があったことに驚きだ。最初から捉えられるようなところにトヨタは存在してないのにな。

あまりにも妄想でホルホルしているところで悪いが、今の韓国の自動車業界はトヨタどころか、スズキやホンダでも捉えられないだろう。日産ですら苦しい。勝手にライバル視するのは自由だが、現実を弁えろと。

韓国経済、【妄想】韓国自動車業界「今年はトヨタをとらえるチャンスだったのに」

「今年、現代・起亜自動車は日本のトヨタをとらえられるチャンスだったのに、新型コロナウイルスで駄目になるかもしれない」

これは、現代・起亜自動車部品協力会社協同会の会長を務めているオ・ウォンソク・コリアFT会長が21日、ソウル市瑞草区の自動車会館において成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源部長官の主宰により行われた「自動車業界懇談会」で語った言葉だ。

現代・起亜自動車は今年、「GV80」「アバンテ」「ソレント」などの新モデルを相次いで発売し、「ツーソン」「サンタフェ」「カーニバル」などの新モデルも発売を控えている。

さらに、「トヨタの庭」とも言える東南アジア市場への進出も加速化している。韓国の新型コロナウイルス感染は収束局面に入ったが、日本はこのところ新規感染者が急速に増えて収束の気配が見えておらず、「大躍進」のチャンスと見られていた。

ところが、新型コロナウイルス問題で現代・起亜自動車の海外工場の稼働中止が長期化、世界の自動車需要が減少し、

「ゴールデンタイム」(適期)を逃しているというのだ。この懇談会に出席した孔泳云現代自動車社長によると、現代・起亜自動車は4月に海外在庫台数が急激に増えているという。

北米・欧州などでの営業が3月以降マヒしており、在庫を市場に出せずにいるからだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/04/24/2020042480180.html

3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
オバマ
2020年4月27日 09:41

トヨタが現代に驚異を感じたのは民主党政権の円高で現代が躍進した頃ですかね。アメリカでレクサスを超える伸び率に焦りを感じたようです。ゴーンの韓国押しも消え、中国市場では国産勢に圧され、アメリカではスペック詐欺がばれ、韓国内も人口減…双竜は倒産間近でGMとルノーは撤収間近、部品工場群を失い利益率の低い現代は尻貧ですね。
技術力は兎も角、販売数・生産数では現代自Gは本田、日産(三菱含む)、スズキを上回っていますが、直に抜かれるでしょう。スズキはインド次第ですが、倍の差がありますから時間が掛かりますね。

野次馬
2020年4月27日 08:39

トヨタは、以前にコロナという車種を販売していた。
関係ないか?
関係が有っても無くとも、無関係に自分勝手に盛り上がるお国柄だからな!

酔って候
2020年4月27日 10:09

いつも心にホルホル感を。

よかったね、これでトヨタに勝てない言い訳が出来た。
でもおかしいなぁ。武漢肺炎で海外市場が大きくダメージを受けているのは、トヨタも同じ筈なんだけど。

3
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x