韓国経済、【倒産祭りは来月か】大韓航空、今月中に現金が底をつく


韓国経済、【倒産祭りは来月か】大韓航空、今月中に現金が底をつく

記事要約:韓国の総選挙が終わって次のイベントまでは、最悪な状況の韓国経済を分析していくわけだが、どうやら大韓航空にいよいよ終わりの時は近づいているようだ。今月中に現金が底をつくとのこと。

>新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、韓国最大航空会社の大韓航空が流動性危機を迎えた。売り上げは急減する中、毎月の固定費用に加え、満期が今月到来の社債だけでも2400億ウォン(約213億円)にのぼる。事実上、今月中に資金が底を突くということだ。

日本製品不買運動、日本旅行自粛で勝手に危機的な状況となり、新型コロナウイルス【武漢肺炎】でトドメ。でも、韓国人の正義だからな。しかも、こんな状態でもムン君の圧勝。

大韓航空を来週、助けるかどうか出てくるわけだが、管理人はこの航空会社は潰すことはないとおもう。さすがに韓国を代表する航空会社だからな。国営化するかは知らないが、支援するだろう。でも、アシアナ航空や他のLCCはわからないと。

>航空業界などによると、大韓航空が先月発行した航空運賃債券ABS(資産流動化証券)6228億ウォン(約552億円)が今月末にすべてなくなる。航空機リース費用や人件費など1カ月間の固定費用4000億-5000億ウォンに、今月満期を迎える社債が2400億ウォンであるからだ。ABSは航空会社が未来に発生する売り上げを担保にした債券で、航空会社の主な資金調達手段の一つ。大韓航空は2兆ウォンほどをABSで調達してきた。

未来に発生する売上の担保か。その発生する売上とやらが、あと3ヶ月が確実にない。まあ、どう考えても自力でなんとかできるレベルではない。支援がなければそのまま逝くだろう。

>大韓航空が流動性危機に直面したのは、旅客の売り上げの94%を占める国際線路線の運航が新型コロナで停止したからだ。費用はほとんど変わらないが、収入がない。大韓航空は新型コロナ事態が発生する前、国際線を週900回ほど運航していた。現在は米国のロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコなど米国の一部の路線とパリ、ロンドンなど欧州路線など週50-55回に減少した。大韓航空の先月の旅客輸送量は前年同月比で75.7%減少した。

そりゃ、世界173カ国・地域から入国制限を食らっている状況で、飛んでいるのはほとんど貨物便だろう。こういう数値が出てきても驚きはしない。きっと、どこの航空会社もこういう事態である。後はその航空会社がどこまで銀行から融資を受けることができるのか違いだ。

>さらに上半期に満期が到来する社債も負担だ。大韓航空の場合、今年満期が到来する社債など借入金は4兆3000億ウォン規模。このうち1兆2000億ウォンは6月が満期だ。

大韓航空はまともな商売できないのに固定費はかかる。それが新型コロナウイルスが終息して通常営業に戻れるまでずっとだ。そんな航空会社に金を貸すなんてできるわけなかろう。韓国の銀行が潰れるわ。現金が底をつく4月。さらに、6月に1兆2000億ウォンの満期ですか。うん。楽しみだな。

>航空業界の関係者は「大韓航空が遊休資産の売却などを進めているが、今すぐ流動性危機を解決するのにそれほど役に立たないはず」とし「債券市場安定ファンドや社債迅速引受制のような政府の新型コロナ安定化対策があるが、支援を待って不渡りのような最悪の状況を迎えることも考えられる」と懸念を表した。

支援を待って不渡りは面白いが、管理人は韓国政府が支援すると考えているので、きっとその状態にはならないだろう。だから、安心しているはずだ。大きすぎて潰せないのだ。例の造船3社みたいにな。でも、全ての航空会社が支援してもらえるとは限らない。最後に大韓航空株を見ておこう。

■大韓航空株

こんな潰れかかっている航空会社の株を誰が買うのか。しかし、意外なことに株価は上がってるんだよな。なんと2万回復しているじゃないか。最安値が12800なので、そこからかなり回復しているという。やはり、市場は韓国政府が潰さないと見ているのだろうな。

韓国経済、【倒産祭りは来月か】大韓航空、今月中に現金が底をつく

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、韓国最大航空会社の大韓航空が流動性危機を迎えた。売り上げは急減する中、毎月の固定費用に加え、満期が今月到来の社債だけでも2400億ウォン(約213億円)にのぼる。事実上、今月中に資金が底を突くということだ。

航空業界などによると、大韓航空が先月発行した航空運賃債券ABS(資産流動化証券)6228億ウォン(約552億円)が今月末にすべてなくなる。航空機リース費用や人件費など1カ月間の固定費用4000億-5000億ウォンに、今月満期を迎える社債が2400億ウォンであるからだ。ABSは航空会社が未来に発生する売り上げを担保にした債券で、航空会社の主な資金調達手段の一つ。大韓航空は2兆ウォンほどをABSで調達してきた。

大韓航空が流動性危機に直面したのは、旅客の売り上げの94%を占める国際線路線の運航が新型コロナで停止したからだ。費用はほとんど変わらないが、収入がない。大韓航空は新型コロナ事態が発生する前、国際線を週900回ほど運航していた。現在は米国のロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコなど米国の一部の路線とパリ、ロンドンなど欧州路線など週50-55回に減少した。大韓航空の先月の旅客輸送量は前年同月比で75.7%減少した。

さらに上半期に満期が到来する社債も負担だ。大韓航空の場合、今年満期が到来する社債など借入金は4兆3000億ウォン規模。このうち1兆2000億ウォンは6月が満期だ。

大韓航空は全職員の70%以上が6カ月間の循環休職に入った。また、役員陣は月給の30-50%を返納し、資産売却を通じて流動性を確保する対策を用意したが、危機を乗り越えるには十分でないという評価だ。

航空業界の関係者は「大韓航空が遊休資産の売却などを進めているが、今すぐ流動性危機を解決するのにそれほど役に立たないはず」とし「債券市場安定ファンドや社債迅速引受制のような政府の新型コロナ安定化対策があるが、支援を待って不渡りのような最悪の状況を迎えることも考えられる」と懸念を表した。

一方、来週の開催が予定されている第5回非常経済会議で政府が航空業界追加支援策を出すかどうかに関心が集まっている。

https://japanese.joins.com/JArticle/264998

5 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
自由人
2020年4月18日 17:23

年内に満期を迎える国内500大企業の社債額は37兆4,600億ウォンで、約4割の14兆7,545億ウォンは第2四半期に償還しなければならない。
韓国経済の現状では償還やロールオーバーできずにデフォルトに陥る企業がいつ現れてもおかしくない。
融資する側の市中金融機関も内情は苦しいなんてものではないだろうし、政府や韓銀がどこまで支援するかだが、やり過ぎるとウォンが暴落する危険性も出てくるので難しい判断になる。
最悪の場合カウンターパーティーリスクで金融機関や企業の連鎖倒産なんて状況も考えられ、個人的には韓国経済が今回どう崩壊していくのか、興味深く観察させてもらうつもりだ。

ROCK
2020年4月20日 01:17
Reply to  自由人

国策銀行の韓国産業銀行が自己資本比率が危険水位に近づいて、劣後債の発行を検討して
いるようです。国策銀行も、もう現金がなくなってきたか?

恋ダウド
2020年4月18日 17:37

一ヶ月で溶けた資産流動化証券ですが、将来の収入が担保なんですよね。
で、2025年までの16回払いなんですが、そもそも2025年ってそこまでw
今の大韓航空を考えると利率はいくらなんでしょうか?四半期毎に支払い?無理でしょ。
いわゆるフラッグシップ航空会社ですが、さ・よ・な・ら

ななし~
2020年4月18日 19:22

大韓航空と云えば去年の6月に、ボーイングへ787を20機も発注していたんだよね。
リース10機と合わせて95億㌦でしょ。でも大丈夫。ムンムンが(国民には伏せて)年金で
払っておけば問題ナシだね。ついでに将来に備えて機体色もレッドにしたほうがイイ。

オバマ
2020年4月18日 18:22

国際線メインのフラッグシップ企業はどこもボロボロでしょう。デルタもANAもJALも苦しいですよ。
韓国は済州航空が健闘してますが、イースターの吸収は丸損ですね!
大韓航空は政府が優先株を買い助けるか、既存株を大幅に減資して、直接政府資金で準国営化するかで助けると思います。

5
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x