韓国証券市場 ウォンニャス速報 開幕は1335.56→月末の攻防戦!ヘッジファンドが仕掛けて1342ウォンまで下げる!


韓国証券市場 今日は11月28日。つまり、月末まで残り今日を入れて3日しかない。月末のウォンレート予想はかなり簡単だとジンボルトは述べているが、視聴者さんは的中させることはできるのか。楽しみにしていますよ。正解率6割は堅いといいながら、答えの回答に6割超えてないのはきっと気のせいですね。

それでは月曜日の開幕を見ていこう。スタート値は1335.56となった。25日の14時頃は1320ウォンだったのに気がつくと1335まで下がっていると。

それではチャートをどうぞ。

まずは開幕の昇龍拳。ヘッジファンドの先制シュートが決まった。1340のゴールにボールが突き刺さった。まさにネットを破る一撃。キーパーが森崎君ではとれないわ。しかし、韓銀も日向ウォン君のネオタイガーショットで反撃だ。

強烈な虎のカウンターがヘッジファンドのゴールに突き刺さった。どーん。なんとウォンは数分で1334ウォンまで押し戻した。いきなりの激しい攻防戦。月末の3連続試合はどちらも一歩も引かない好勝負で始まった。そこから10時前まで蓋をされる展開となる。

って、いつまでキャプ翼やるんだよ。疲れるわ!

ウォンが大きく動いたのは10時回ってからだ。なんとヘッジファンドが1340のゴールを突き破るドライブシュートを放った。11時頃にはまたしても1342ウォンまで急落。凄いな。今日の戦いはどちらも撃ちまくりじゃないか。

しかし、点を取られたら取り返すのがサッカーだ。早速、韓銀砲で反撃だ。どーん。12時前には1336ウォンでる。どうやら韓銀は1335を防衛したいようだが、それを阻止されてるような感じだ。そして、お昼過ぎには1340ウォンを再び突破される。そこから韓銀も1340から脱出するも、最後は力尽きてフルボッコだ。

結果は1340.2。16.5ウォン安。韓銀大敗北である。まあ、今まで出来すぎていたものな。とりあえず、キーパーが森崎君ではダメだぞ。

では時間外はどうだ。

時間外でも1340ウォン付近だったが、その後、韓銀砲を発射して18時半過ぎには1334ウォンまであげている。これは韓銀の目標防衛ラインは1330ってところだな。

■2022年11月28日の韓国証券市場

コスダック指数 15.66ポイント▼ 717.90(終値)
総合株価指数 29.59ポイント▼ 2408.27(終値)
ウォン・ドル相場 16.5ウォン安 1340.2(終値)

■投資主体別売買動向

22.11.283,534-1,226-2,661

個人が3534億で、買い。外国人が1226億で、売り。機関が2661億で、売り。

個人が買い。外国人と機関が売り。気がつくとコスピが2400割れ目前となっている。

■韓国債と社債の利回り

国庫債券(1年)3.748マイナス0.007
国庫債券(3年)3.669プラス0.025
国庫債券(5年)3.673プラス0.003
国庫債券(10年)3.606マイナス0.017
会社債(AA-、無保証3年)5.405プラス0.029
会社債(BBB-、無保証3年)11.242プラス0.031
CD(91日)4.0300(同値)
CP(91日)5.510プラス0.010

おお、これは一時的だと思うが、完全な逆イールドが発生している。逆イールドとは短期金利が長期金利より低い状態をいう。これによって数年後に景気後退するシグナルとされる。市場もそう見る。つまり、韓国経済は数年以内に景気後退するてことだ。

ええ?既にしている?そうなんだ。だから、ずっと逆イールドなんだ。今回みたいに3年、5年、10年全てが逆イールドになったのは珍しいが。あと、利上げで下げていた会社債の金利が再び上がってる。

■日経平均とTOPIX

日経平均は28,162円83銭。プラス120円20銭。TOPIXは2,004.31。マイナス13.69ポイント。

ドル円は137.727。おお、137円じゃないか。円は上がってるのにウォンは下げていると。どうやら米国債の10年利回りが低くなってる影響らしい。確かに3.644まで下がっている。

■気になる経済ニュース

最初のニュースは韓国のユン大統領が日本との『シャトル外交」の復元を宣言。どうやら、年内に訪日の予定らしいが、もちろん、日本政府は「そんなことは言ってない」。一応、引用はしておくが日本政府の発表があったわけでもない。

尹徳敏(ユン・ドクミン)駐日韓国大使は26日、共同通信とのインタビューで、「(韓日首脳間の)シャトル外交が思ったより早い時期に再開できると期待している」とし、「国際情勢が急変する点を考えると、尹大統領が年内に日本を訪問する可能性も排除できない」と述べた。

最近、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射など北朝鮮の武力挑発が高度化・日常化している韓半島(朝鮮半島)の安全保障状況は、韓日米3カ国の協力はもちろん、韓日協力も後押しする起爆剤になっているという意味だ。

https://japanese.joins.com/JArticle/298170

韓国さん。宿題もしないのにユン氏の訪日なんて日本国民が許すと思っているのか?まずは徴用工問題を解決してからだろう。岸田氏が甘いので心配であるが、資産現金化で日本企業に喧嘩を売っている状態で、ユン氏が訪日なんてまずあり得ないことを肝に銘じておけと。

2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ライダイハン
2022年11月28日 19:13

韓国がシャトル外交の復活を仕掛ける前に、4人目の閣僚が更迭され、内閣支持率がユン君と同じ20%台になって、ついでに内閣総辞職になることが望ましい。やはり、岸田さんは、絶対に総理になるべきではなかった。シャトル外交が復活しなければ、そろそろ痴・呆国家によるノー・パン・ジャ運動が再開されるかも。

ライダイハン
2022年11月28日 22:41

韓国が、チュニジア経由でロシアからナフサを輸入していることが報道されている。韓国は、ばれないと思っていたのかもしれないが、元々ナフサを輸入していなかったチュニジアが、ロシアから今年の8月から突然輸入を開始し、韓国へ輸出されたとのこと。日本が投資しているサハリンとは違い、これは明らかに西側に対する裏切り行為である。以前、プーチンが韓国が弾薬を提供すれば制裁すると言っていたのは、ナフサを止めることを意味していると思われる。アメリカも、いつものように約束を破り続ける韓国に、鉄拳制裁を下すかもしれない。これで、韓国は、来年に破たんする可能性も見えてきた。

2
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x