韓国証券市場 ウォンニャス速報 開幕は1422.91→ウォンは完全にフルボッコでウォンメスが破壊されて1434ウォン!


韓国証券市場 何故、人はウォンニャス速報に惹かれるのか。何故、管理人はウォンニャス速報を十数年も続けているのか。答えは簡単だ。チャートには目に見えない「ドラマ」があるからだ。ただの数値の上げ下げではない。この数値こそ、韓国経済の未来がかかっている。

だが、未来はいつでも希望に溢れているとは限らない。管理人だって本来はこのようにひたすら落ちていくチャートを実況するのは辛いのだ。でも、観測者の役割はどのようなイベントが起ころうが「記録」することなのだ。

でも、今年が韓国経済のターニングポイントであったことは言うまでもない。1200ウォン付近からウォンニャス速報を作成してきて、もうすぐ半年近くが経過しようとしている。しかし、まだ通過点。ウォンの最後ではない。だから、1434ウォンだって終わりじゃない。

韓国経済危機でウォンがどのような終焉を迎えるのか。見届けたい。いや、ウォンウォンチャーとしては見届けなければいけない「責務」があるのだ。

ということで今日の開幕から市場を振り返ろう。まずはスタートは1422.91となった。

それではチャートをどうぞ。

だめだ。ウォンが息していない。一目見てそう感じ取れるぐらいのフルボッコのチャート。今、1420台なのだぞ。なのにまだ下がるというのか。ヘッジファンドが目指すウォンレートはいくつなんだ。少なくとも1430も通過点らしい。

まず、開幕から1時間後にウォンはハゲタカ砲で1429ウォンまで下落。おいおい、1時間で1430突破か。つまり、ウォンメスが破壊される寸前。まさか、数日しか持たないというのか。だが、さすがに1430の壁にヘッジファンドも押し戻される。

今日は1430の攻防戦か。まさに韓銀が必死に国民の年金を使って1430を突破させないと奮戦。13時頃まではなんとか1429ウォンで抑える。しかし、押さえつけられた力というのは、解放されたときに反動が大きい。もう、ウォンは次の1430へと飛び立とうとしている。

それに蓋したところで、下から猛烈に突き上げられる流れは止まらない。いつしか蓋は破壊されて、13時10分頃に1430ウォンへと到達。つまり、ウォンメスが破壊された。ドカーン。

だから早いて。なんでもう1430なんですか。これで1450も月末に見えてきたじゃないか。9月末の外債の支払いはどうするんだ。まさか、こんなレートでドルと交換するのか。でも、ヘッジファンドはこう考えた。

もっとウォン安にしたら儲かるじゃないか!そうだ。そうだ。その声がネット中に拡散されてウォンはさらに1434ウォンまで落ちる。結果はどうなったのか。1431.3。22.0ウォン安。なんと、1日で22ウォンも安くなった。

さらにコスピも70ポイント近く下落。2220と2200割れも見えてきた。あれ?韓国さん。今日は「ブラックマンデー」でしたけ?まあ、1987年10月19日のニューヨーク市場と比べたらまだまだ規模は小さいか。でも、22ウォン安はかなり久しぶりじゃないか。

それでは時間外はどうだ。

1434ウォンまで落ちたが、さすがにしびれを切らして超韓銀砲を連射。ずどーん。そうそう。そうこなくちゃ。まだドルが残っているなら戦う以外の道は残されていない。介入しなければウォンは下がり続けるのは自明の理。しかし、超韓銀砲で1434から1428まで上昇中。これが16時半頃だ。

■2022年9月26日の韓国証券市場の結果

コスダック指数 36.99ポイント▼ 692.37(終値)
総合株価指数 69.06ポイント▼ 2220.94(終値)
ウォン・ドル相場 22.0ウォン安 1431.3(終値)

■投資主体別売買動向

22.09.26-2,448-582,790

個人が2448億で、売り。外国人が58億で、売り。機関が2790億で、買い。さすがにこんなデタラメな日は外国人は様子見か。

■気になる韓国経済ニュース

最初のニュースは管理人は無能だと思い始めた李昌鏞(イ・チャンヨン)韓銀総裁だ。彼は米韓通貨スワップについて不要との認識を示した。不要?いや、相手にされてないですよね?まるで自分らはいつでも米韓通貨スワップが締結出来るとか思っているのか。そんなわけないだろうに。しかし、こんな無能な発言しか出来ないからウォンは売られていくんじゃないか?だから、彼の言い分はもぅと笑える。

また李氏は、現時点では通貨スワップは必要ない状況だが、不安な国民がスワップ協定締結を求めているとし、「FRBの(通貨スワップ締結の)前提条件に合っている時に協議するのは良いが、まるで韓国に何か問題があるかのように(条件に合っていない時期に)協定締結を求めれば、かえって副作用があり、低姿勢になりかねない」と強調した。

李氏はこの日、政策金利の引き上げ幅について、FRBの政策金利見通しが韓国銀行の予想より高いなど、0.25%ずつ引き上げる基調の前提条件が変わったとし、大幅利上げの可能性を示唆した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6144282b495efadf4c29ccb047698cbdb14a0504

これを読んでジンボルトは韓銀総裁の先見性のなさが今の危機を招いたんじゃないのかと突っ込みたい。つまり、無能だってことだ。もっと最初から韓国が米韓金利差を意識してしっかり政策金利の引上げをしていれば1400ウォンまで墜ちることもなかった。

管理人は何度も述べた。0.25%などの小さい規模の利上げは「悪手」だと。やるべきことは0.5%ずつの利上げだったのだ。それで、今更慌てて次は0.5%あげるのか。でも、FRBはもっと利上げに踏み切る可能性がある。0.5%の利上げではもう、米韓金利差は埋まらない。

何が前提条件が変わっただ。素直に無能だったことを認めろよ。せっかく優秀だとあったので手腕を期待したら、ただの無能の言い訳マンとか。韓国議員も見る目がないんじゃないか。こんな無能な韓銀総裁に韓国経済を任せていたら地獄に落とされるぞ。ああ、もう遅いか。

でも、米韓通貨スワップはアメリカから拒否されたんだろう?それの言い訳がまだ必要ない。あの「巨神」兵ですか。ずっと待っててオウムに風の谷が破壊されるのを待つだけなんですか。

違いますよね?今、韓国に必要なんですよ。どう見ても。誰が見ても。米韓通貨スワップが。本来なら1300を超えた時点で必要なんですけどね。裏で必死に通貨スワップ要請の電話を毎日、かけても切られるだけだ。

4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
酔って候
2022年9月26日 20:17

> 9月末の外債の支払いはどうするんだ。

マジですか。ロールオーバーに応じて貰えないとヤバいっすね。いつもなら日本の機関投資家に泣きつくのでしょうけど、今回は難しいんじゃないかな。

2年遅れで、管理人様の予言が的中することになるかも。

LeGrind
2022年9月26日 17:40

1430ウォン台・・・とても防衛しているようには見えませんね。
息してるのかな、韓銀・・・

ライダイハン
2022年9月27日 01:36

本日も、韓国は、定番のトリプル安で、ウォンは1430を突破し、KOPSIも2200割れが目前だね。
韓銀と国民年金が「為替スワップ」を結ぶ話には、大笑いした。表向きは国民年金が市場を通さずに、韓銀からドルを調達することになっているようだが、どうみても、韓銀がアメリカ国債をこれ以上減らしたくないので、国民年金が保有するアメリカ国債をウォンと交換して(スワップ)韓銀が入手し、韓銀砲として使うことが目的のような気がする。7月は比較的ウォン相場は安定していたため、アメリカ国債は減少しなかったが、韓銀は8月以降はアメリカ国債をかなり売却したはず。でも、アメリカ国債は、韓銀の保有額ではなく、韓国全体の保有額なので、国民年金とスワップしても何の意味もない。

ももちゃん
2022年9月27日 08:07

すごい! 右肩上がりじゃないか!!
と思ったら、韓国の業績ではなくウォン安のチャートだったのね。

しかし、毎度のことではあるが、K国人は素直じゃないな。
意味不明なプライドの高さと言い訳ばかり。
スワップは必要ない?
だいたい、毎度毎度スワップの恩恵を受けてばかりで、自分たちが助ける側だったことなんか一度も無いじゃないか。あたま大丈夫ですか?????
そんなことだから、何回も経済破綻するんだろ。
反省しないから、過去から何も学ばない。
誰かに助けてもらうことを期待してばかりで、自分たちでまったく努力しない。
そんな体たらくで、先進国だとか実質G8だとか勝手に豪語してホルホルするのはやめていただきたい。

Last edited 2 months ago by ももちゃん
4
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x