韓国債務 家計・企業借金4500兆ウォン突破、GDPの220%「史上最大」【動画】


韓国債務 今日は3月24日。3月も残り1週間を切ったわけだが、管理人が否定した韓国経済の3月危機説は見ての通り、何も起きていない。ウォンは1200を超えて、韓国企業にとっては危険水域ではあるのだが、1250に到達しそうになれば、韓銀砲を撃って数日であげてきた。

現在、ウォンは1219で推移している。このようにウォン安ではあるが、気がつくと1210~1220範囲を行ったり来たりしている。3月末、どちらに転ぶのかは本当、予測が難しい。

気になるウォン動向であるが本題に入る。今回の記事は韓国の家計と企業の借金が合計すると4500兆ウォンを突破して、全体経済の2.2倍を上回ったという。つまり、GDP220% 史上最大らしい。それで、家計負債はどうなったのか。

家計負債(1862兆1千億ウォン)だけ別に見ると、1年新しい7.8%増えたが、前年同期比増加率が第2四半期(10.3%)、第3四半期(9.6%)よりはやや低くなりました。韓銀は家計負債管理の強化、貸出金利上昇などの影響で増加傾向が鈍化したと分析しました。 

家計負債は増加しているが、その増加率は鈍化傾向。理由は家計負債の管理の強化。貸出金利上昇などの影響。つまり、銀行が貸し出しを制限している。金利が上がるので借金を控えた。これは余り信じられないな。

コロナ禍で株やビットコインなどの投資バブルが起きていた。借金して投資するというチャレンジャーの個人投資家、アリが大量に出現した。借りれるだけ借りて投資につぎ込んだ。その結果、家計債務が急増。だから、韓国政府が信用貸付を制限した。

記事には掲載されてないが、明らかに信用貸付の制限の大きいだろう。しかも、銀行は信用貸付の個人向け限度額を個人年収の水準に引き下げた。以前は銀行の融資限度額は年間所得の1.5倍~2倍だった。

金融安定に影響を及ぼす実物・金融指標をもとに算出する金融不安指数(FSI)は先月基準7.4で、注意段階(8以上22未満)に近づきました。

金融不安指数は、かなり専門的な話になるが、金融危機が近づいている兆候を示す指数だと解釈しておけばいい。実際、2008年のリーマン・ショック時には50以上を超えていた。次にもう一つ出てくる。

金融不均衡状況と金融機関の復元力を総合的に反映した金融脆弱性指数(FVI)は、融資規制の強化、基準金利引き上げなどの影響で第4四半期末54.2と第3四半期末(58.4)より小幅下落したが、依然として高い水準です。

これもさっきと同じようなものだが、投機を抑える試みそのものは、韓国銀行の政策金利の引き上げもあり、少しは効果があったんじゃないか。ただ、上で解説してきたとおり、増加速度が鈍化しただけで、借金は増え続けている。

4500兆ウォン。日本円で450兆円。GDPの220%。ムン君の時代はなんとか持ったようだが、危険水域をさらに突破しているので、今後、5年でどうなるのか。さすがにこれだけ増えたら、色々と影響してくる頃だと思われる。

家計と企業の借金(信用)の合計を意味する民間信用が史上初の4500兆ウォンを突破し、全体経済規模の2.2倍を上回りました。

韓国銀行が本日(24日)発表した「金融安定状況報告書」によると、民間信用推定値は昨年末基準で4540兆ウォン、名目国内総生産(GDP)に対する民間信用(資金循環統計上の家計・企業負債​​合計)の割合は220.8%と集計されました。 

これは、集計が始まった1975年以来、最も高く、前四半期末(220.5%)より0.3%ポイント(p)上がった水準です。

民間信用とは、資金循環統計上の家計と企業部門の貸出金、政府融資、債権など負債残高を意味します。

特に家計負債が処分可能所得の1.7倍に達し、1年前より4.3%ポイント高くなり、返済負担がますます大きくなると分析されました。

1年前より、GDP比の家計信用率(106.1%)が2.7%ポイント、企業信用比率(114.7%)も4.4%ポイント上昇しました。

家計負債(1862兆1千億ウォン)だけ別に見ると、1年新しい7.8%増えたが、前年同期比増加率が第2四半期(10.3%)、第3四半期(9.6%)よりはやや低くなりました。 

韓銀は家計負債管理の強化、貸出金利上昇などの影響で増加傾向が鈍化したと分析しました。 

金融安定に影響を及ぼす実物・金融指標をもとに算出する金融不安指数(FSI)は先月基準7.4で、注意段階(8以上22未満)に近づきました。

ハン・ウンは「今年2月に入って地政学的リスク拡大、主要国通貨政策の正常化などで金融市場の変動性が大きくなり、FSIが上昇を続けている」と説明しました。

金融不均衡状況と金融機関の復元力を総合的に反映した金融脆弱性指数(FVI)は、融資規制の強化、基準金利引き上げなどの影響で第4四半期末54.2と第3四半期末(58.4)より小幅下落したが、依然として高い水準です。

https://biz.sbs.co.kr/article/20000055600

■人気ブログランキング、メルマガの購読とYOUTUBE版のチャンネル登録のお願い

当サイトの運営費をまかなうために有料メルマガの登録でのご支援をよろしくお願い致します。1週間に1度、韓国経済で気になるニュースを特集して書いています。1ヶ月は購読無料なので韓国経済に興味があるなら↓のリンク先からどうぞ。

また、直接サイトの支援は難しい人でも、人気ブログランキングをクリックしていただければアクセス数の向上につながるのでよろしくお願い致します。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

2021年10月15日に「日本の底力!」と「韓国経済危機特集」のYOUTUBE版ができましたのでこちらのチャンネル登録もお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCeV6EnK_OKgRY5qBiQHjXRA/playlistsad

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x