NO IMAGE

韓国企業 「来年も持ちこたえるのが目標」という企業各社-与野党候補が労働取締役制やタイムオフ制の導入に賛成

NO IMAGE

韓国企業 今回の記事は韓国企業がコロナ禍や経済の大天才であるムン君によってもらされた厳しい経営状況が書かれてある記事。例えば、 30人以上の韓国内企業の3分の1は、来年の経営計画の枠組みすらできていない。計画がある企業の53.5%は現状維持。 22.9%は「緊縮経営」を経営目標にしているそうだ。つまり、来年の韓国経済を見る上で3要素(貿易、雇用、投資)ある「投資」や「雇用」の増加が全く期待できない。

そういった理由の1番はコロナ禍で見通しが付かないようだが、 グローバル供給網ショックなどで原材料価格が高騰などもある。でも、次は韓国特有だ。「労働者らの賃上げ要求」も激しくなっているからだ。 うん。さすが韓国ですね。いきなり笑わせてくれるのか。コロナ禍で見通しが経たない。原材料価格の高騰で製品を値上げもままならない。でも、労働者は「賃金上げるニダ。でないとストライキやるニダ」と。

さらに、 来年1月の韓国銀行の基準金利引き上げ、早ければ3月に繰り上げられる米連邦準備制度(FRB)の金利引き上げなどの悪材料が予告されている。過剰流動性が減り、不動産や株式などの資産価格が下がれば、消費心理は早いテンポで冷え込みかねない。20代や30代までが融資を受けてマンションや株式を購入した韓国は、利息負担の高騰で家計仮処分所得がさらに早く減少するだろうとある。

なんか、管理人が2日前に不動産バブルのついでに解説したことがそのまま書かれてあるな。後ろに関連動画を張っておく。でも、まだ興味深い内容が書かれてある。ここにも韓国次期大統領選が出てくる。労働組合の票が欲しい2人の候補がとんでもないことを言いだした。

与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)大統領選候と最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補が、公共機関の取締役会に労働者代表を参加させ、経営上の決定に関与させる労働取締役制、労組専従者の活動時間を労働時間として認めるタイムオフ制の導入に賛成した。

何、これの2つの素晴らしいアイデア。しかも、そのうち、 民間企業に拡散するとか。面白いじゃないか。こんな素晴らしい制度は是非とも、韓国の民間企業も取り入れるべきだ。もはや、ストライキしなくても労組活動していたら給料もらえる。さらに、経営上の決定に関与させるらしいぞ。

やばいな。これ、ルノーサムスンとか、その辺の外資系は全員、撤退するんじゃないか。しかも、どちらの候補も賛成だ。つまり、逃げ場なしだ。シティバンク、ゴールドマン、ノヴァスコシア、逃げて正解だったな!

労働界の票を意識した与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)大統領選候補と、最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補は、公共機関の取締役会に労働者代表を参加させ、経営上の決定に関与させる労働取締役制、労組専従者の活動時間を労働時間として認めるタイムオフ制の導入に賛成した。いずれも民間企業に拡散するのではないかと、企業家たちが最も懸念する制度だ。

新年が5日後に迫っているが、30人以上の韓国内企業の3分の1は、来年の経営計画の枠組みすらできていないことが分かった。韓国経営者総協会によると、何とか計画を立てた残りの企業のうち、53.5%は「現状維持」、22.9%は「緊縮経営」を経営目標に据えた。企業4社のうち3社は、今年より状況が悪化しないようにするか、規模を縮小してでも持ちこたえるのが新年の目標だという意味だ。企業家の心理がこのように冷え込んでいては、投資と雇用の画期的な増大は期待できない。

企業各社が来年をこのように暗く見ているのは、変異株の出現で新型コロナ事態がどれだけ長引くか見当がつきにくく、グローバル供給網ショックなどで原材料価格が高騰した上、労働者らの賃上げ要求も激しくなっているからだ。政府は「先進国の中で最も早い回復傾向だ」を誇るが、各企業は今年4.0%の成長率も、昨年0.9%のマイナス成長による反発程度と認識している。

さらに、来年1月の韓国銀行の基準金利引き上げ、早ければ3月に繰り上げられる米連邦準備制度(FRB)の金利引き上げなどの悪材料が予告されている。過剰流動性が減り、不動産や株式などの資産価格が下がれば、消費心理は早いテンポで冷え込みかねない。20代や30代までが融資を受けてマンションや株式を購入した韓国は、利息負担の高騰で家計仮処分所得がさらに早く減少するだろう。

このような現状を克服するためには、政府や政界が破格の規制緩和で投資や雇用を増やす強力な誘引を企業に提供しなければならない。にもかかわらず、政府は予期せぬ事故が事業所で発生しても、最高経営者(CEO)を刑事処罰する重大災害法を強行し、中小企業家らの心理を極度に萎縮させている。

労働界の票を意識した与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)大統領選候補と、最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補は、公共機関の取締役会に労働者代表を参加させ、経営上の決定に関与させる労働取締役制、労組専従者の活動時間を労働時間として認めるタイムオフ制の導入に賛成した。いずれも民間企業に拡散するのではないかと、企業家たちが最も懸念する制度だ。

激化する米中対立やグローバル供給網再編など、急変する事業環境のため、国内代表企業のトップまでが「厳しい現実を直接目にしているので気が重い」という状況だ。政府や与野党の大統領選挙候補らは、国民生活や雇用改善を口先だけでなく、雇用を創出し、賃金を支払う企業家らが、新年を恐れる理由に真剣に耳を傾けなければならない。

https://www.donga.com/jp/east/article/all/20211227/3107977/1

■関連動画

■5chの反応

3<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2021/12/28(火) 06:56:47.25ID:P9i2DJxr

一度も経験したことの無い国

→労組が天国になる国。それが次期政権で誕生すると。

10<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2021/12/28(火) 07:23:05.97ID:pLR6q2ze

来年乗り越えたところで滅亡に近づくだけだけどな。

→ですよね。

24<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2021/12/28(火) 09:03:34.11ID:8Hrw0Ase

社会主義を目指しているとしか思えない
こんな国に投資する外資はそうないはず

→社会主義なのか。労組主義なのか。

■管理人の感想

わりととんでもない制度が出てきているのだが、5chの反応は今ひとつだな。記事を全文、読んでないんだろうな。

■人気ブログランキング、メルマガの購読とYOUTUBE版のチャンネル登録のお願い

当サイトの運営費をまかなうために有料メルマガの登録でのご支援をよろしくお願い致します。1週間に1度、韓国経済で気になるニュースを特集して書いています。1ヶ月は購読無料なので韓国経済に興味があるなら↓のリンク先からどうぞ。

また、直接サイトの支援は難しい人でも、人気ブログランキングをクリックしていただければアクセス数の向上につながるのでよろしくお願い致します。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

2021年10月15日に「日本の底力!」と「韓国経済危機特集」のYOUTUBE版ができましたのでこちらのチャンネル登録もお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCeV6EnK_OKgRY5qBiQHjXRA/playlistsad

3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
野次馬
2021年12月29日 13:27

韓国の次期大統領候補全員が、期待どおりに世界最狂労組の更なる狂化を狙っているんですね。
これで韓国の未来は、世界中に明るい材料を提供してくれること間違いなしです。

Last edited 4 months ago by 野次馬
ボンダイ
2021年12月29日 14:48

家計仮処分所得→❌
家計可処分所得→○

ももちゃん
2022年1月5日 08:40

文韓民国

3
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x