LGエナジーとSKイノベーションが和解

韓国経済 LGエナジー、SKイノベに2兆ウォン支払いへ-電気自動車技術紛争で和解

LGエナジーとSKイノベーションが和解

韓国経済 LGエナジー、SKイノベに2兆ウォン支払いへ-電気自動車技術紛争で和解

韓国経済に大きな影響があった紛争がギリギリ回避された。韓国のバッテリーメーカーであるLGエナジーソリューションがSKイノベーションが企業秘密を窃取したと訴えていた紛争で、SKイノベーションが2兆ウォン(2000億円)をLGエナジーに支払うことで和解した。この和解で、SK製バッテリーの米国への10年間の輸入禁止が回避されたことになる。バイデン氏がITCによる輸入禁止の決定を覆すかどうかを判断する期限が11日に迫っていた。

>両社が和解に達したことで、SK製バッテリーの米国への10年間の輸入禁止が回避されるとともに、2年に及ぶ両社の争いに終止符が打たれる。SK製品の輸入が禁止されれば、米フォード・モーターの新しい電動ピックアップトラック「Fー150」やフォルクスワーゲンの電動スポーツタイプ多目的車(SUV)「ID.4」の投入が脅かされる事態になっていた。2車種はともに、米ジョージア州のSK工場で組み立てられるバッテリーを搭載する予定で、来年に生産が始まる。

SK製のバッテリー米国への10年間輸入禁止が回避。2000億円でよく手を打ったよな。まあ、これは韓国経済に影響するので裏で政治的な取引でもあったのだろう。管理人としてはバイデン氏がSK製バッテリーの輸入禁止にしても楽しめたのだが。

>米国際貿易委員会(ITC)は2月10日、SKが企業秘密を盗んだとしてLGエナジーが申し立てた提訴で、SK側が証拠隠滅を図ったとして同社製品の米国への輸入を10年間禁止する決定を下した。両社は国内外で起こした訴訟を取り下げ、今後10年間は法的措置を取らないことでも合意した。

そもそも韓国企業同士でスパイ合戦という。でも、今後10年間は法的措置を取らない合意もしたようだ。もっとも、韓国製EVバッテリーが原因でアメリカでは車両の炎上事件が多発してリコールしている。

そういう意味ではSK製バッテリーを米フォードモーター「Fー150」、フォルクスワーゲンの「ID.4」の使われるのは何らかのコリアリスクがありそうだ。

それで、これを受けてアメリカのホワイトハウスが声明を出している。グーグル翻訳であるが載せておこう。米国と拠点とする電気自動車のバッテリーサプライチェーンのために歓迎すると。

バッテリー紛争解決に関するジョー・バイデン大統領の声明

2021年4月11日 • ステートメントとリリース

この和解合意はアメリカの労働者とアメリカの自動車産業にとっての勝利です。

Build Back Betterの私の計画の重要な部分は、将来の電気自動車とバッテリーを、アメリカ全土のアメリカで、アメリカ人労働者によってここアメリカで建設することです。

米国を拠点とする強力で多様性に富んだ弾力性のある電気自動車のバッテリーサプライチェーンが必要です。

そうすれば、これらの自動車やコンポーネントに対する世界的な需要の高まりに対応できます。自宅で高給の仕事を生み出し、明日の仕事の土台を築くことができます。

今日の和解はその方向への前向きな一歩であり、ジョージア州の労働者に歓迎すべき救済をもたらし、全国の労働者に新たな機会をもたらすでしょう。

キャサリン・タイ大使は、この論争を解決し、電気自動車業界におけるアメリカの将来と雇用創出に役立つ和解を促進するためのたゆまぬ努力に感謝したいと思います。

My American Jobs Planは、この勢いを増し、何百万もの新しい雇用を創出し、より強力なアメリカの自動車産業をサポートし、将来の電気自動車市場での勝利を確実にするのに役立ちます。

https://www.whitehouse.gov/briefing-room/statements-releases/2021/04/11/statement-by-president-joe-biden-on-the-electric-battery-dispute-settlement/

韓国経済 LGエナジー、SKイノベに2兆ウォン支払いへ-電気自動車技術紛争で和解

電気自動車(EV)の電池技術を巡って韓国のバッテリーメーカー、LGエナジーソリューションが企業秘密を窃取したとして同業のSKイノベーションを訴えていた問題で、SKは2兆ウォン(約2000億円)をLGエナジーに支払い、和解することで合意した 。両社が11日発表した。LGエナジーはLG化学の傘下企業。

両社が和解に達したことで、SK製バッテリーの米国への10年間の輸入禁止が回避されるとともに、2年に及ぶ両社の争いに終止符が打たれる。SK製品の輸入が禁止されれば、米フォード・モーターの新しい電動ピックアップトラック「Fー150」やフォルクスワーゲンの電動スポーツタイプ多目的車(SUV)「ID.4」の投入が脅かされる事態になっていた。

2車種はともに、米ジョージア州のSK工場で組み立てられるバッテリーを搭載する予定で、来年に生産が始まる。

米国際貿易委員会(ITC)は2月10日、SKが企業秘密を盗んだとしてLGエナジーが申し立てた提訴で、SK側が証拠隠滅を図ったとして同社製品の米国への輸入を10年間禁止する決定を下した。両社は国内外で起こした訴訟を取り下げ、今後10年間は法的措置を取らないことでも合意した。

バイデン米大統領がITCによる輸入禁止の決定を覆すかどうかを判断する期限が11日となっていた。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-04-11/QRE2K1DWX2PT01

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x