韓国の首相が44年ぶりにイランへ訪問

韓国経済、〔70億ドルを返還するのか〕韓国首相 イランに出発=協力関係・凍結資金問題など議論へ

韓国の首相が44年ぶりにイランへ訪問

韓国経済、〔70億ドルを返還するのか〕韓国首相 イランに出発=協力関係・凍結資金問題など議論へ

記事要約:来週の注目したい時事ニュースはもちろん、16日の日米首脳会談であるが、韓国ネタとして抑えておきたいのはこの韓国のチョン首相によるイランへの訪問だ。タンカーで拿捕された船長も解放されたが、未だに凍結資金である70億ドルの返還はされていない。何か進展があるのかはわからないが、11日にソウル空港を出発したようだ。韓国の首相がイランを訪問するのは44年ぶりらしい。

>丁首相はイランの要人らと会談し、経済など両国の協力関係や米国の対イラン制裁で韓国内の銀行にイランの資金70億ドル(約7675億円)が凍結されている問題などについて議論するとみられる。

管理人は韓国が70億ドルを返済するとは思っていないが、イランとの米国が対話に向けて交渉しようとしているので、このまま行けばアメリカのイラン制裁会場で口座凍結する理由そのものが自然と消失する。そうなれば70億ドルは即返還になるわけだが、そのときに口座に金が残っているのか。実に楽しみではないか。

韓国経済、〔70億ドルを返還するのか〕韓国首相 イランに出発=協力関係・凍結資金問題など議論へ

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は11日、1泊3日の日程でイランを訪問するため、大統領専用機でソウル空港(軍用空港)を出発した。韓国の首相がイランを訪問するのは44年ぶりとなる。

丁首相はイランの要人らと会談し、経済など両国の協力関係や米国の対イラン制裁で韓国内の銀行にイランの資金70億ドル(約7675億円)が凍結されている問題などについて議論するとみられる。

丁首相はイラン到着後、ジャハンギリ第1副大統領と会談し、共同記者会見を行う。12日にはガリバフ国会議長らと会談する予定で、ロウハニ大統領との面会も調整している。サムスン電子やLG電子など、現地に進出している韓国企業の関係者とも面会する。

丁首相のイラン訪問には外交部の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官、企画財政部の李億遠(イ・オグォン)第1次官らが同行する。

https://s.wowkorea.jp/news/read/295054/

2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
かめい
2021年4月12日 01:13

>口座凍結する理由そのものが
>自然と消失する。そうなれば
>70億ドルは即返還

なあに、その時はタンカー拿捕の報復とか理由をでっち挙げて70億は賠償金として没収するとイランに通知しちゃえばええんちゃう?

そのあとの事は知らんけど

ももちゃん
2021年4月12日 10:52

おやおや? 口座にお金が1ドルもないニダ???
誰かに盗まれたルカ?
きっと日本人が盗んだニダ!!
日本人に全額払わせるニダ!!!

といういつもの流れにならないように、我々日本人は注意が必要です。

2
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x