イランが拿捕していたタンカーの韓国人船長を解放

韓国経済、〔原油代金70億ドル+αを払え!〕イランが汚染韓国タンカー解放 1月に拿捕 チョン首相4月中旬にイランを訪問し凍結資金返還の解決方法など議論する予定

イランが拿捕していたタンカーの韓国人船長を解放

韓国経済、〔原油代金70億ドル+αを払え!〕イランが汚染韓国タンカー解放 1月に拿捕 チョン首相4月中旬にイランを訪問し凍結資金返還の解決方法など議論する予定

記事要約:イランが韓国籍のタンカーを拿捕して韓国人20人を人質にして、最後は船長だけ残っていたがどうやら全員、釈放されたようだ。それで、4月中旬にチョン首相がイランを訪問し凍結資金返還の解決方法など議論する予定らしい。おそらく色々言い訳して70億ドルを返済しないと思われるが、イランからすれば別にまた拿捕すればいいだけだしな。

>イラン側は拿捕理由として、タンカーが海洋汚染を引き起こしたためとしたが、韓国側では米国の制裁によって韓国の銀行で凍結された資金を取り返すための圧力との見方が強かった。解放はバイデン米政権がイランへの対話姿勢を打ち出していることと関連している可能性がある。

韓国の銀行が凍結した70億ドルを返済するかどうか。バイデン氏がイランへの対話姿勢を打ち出す奈良、なおさら、韓国は凍結資金の返済が迫られるわけだ。来週の16日は日米首脳会談もあるので注目はそこだが、韓国のチョン外相がイランで何してくるのかもサイトのネタとしては外せないな。

韓国経済、〔原油代金70億ドル+αを払え!〕イランが汚染韓国タンカー解放 1月に拿捕 チョン首相4月中旬にイランを訪問し凍結資金返還の解決方法など議論する予定

【ソウル=共同】韓国外務省は9日、ホルムズ海峡近くでイランに1月に拿捕(だほ)され、拘束されていた韓国船籍の石油タンカーと船長が解放されたと発表した。イランは2月に乗組員20人のうち19人の解放を認めたが、船長の拘束は続けていた。

イラン側は拿捕理由として、タンカーが海洋汚染を引き起こしたためとしたが、韓国側では米国の制裁によって韓国の銀行で凍結された資金を取り返すための圧力との見方が強かった。解放はバイデン米政権がイランへの対話姿勢を打ち出していることと関連している可能性がある。

韓国では、丁世均首相が4月中旬にイランを訪問し、凍結資金返還の解決方法などについて議論する予定だと報じられていた。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB094YS0Z00C21A4000000/

1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
野次馬
2021年4月10日 08:52

流石のイランも、文在寅氏を叩いてもアメリカは動かない、と見限ったか!
しかし、強かさでは某国如きに負けないペルシャ商人の次の一手が、野次馬としては楽しみです。

Last edited 6 months ago by 野次馬
1
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x