韓国経済危機特集のサイトへようこそ!韓国に対しては『助けない、教えない、関わらない』の『非韓三原則』がこれからの常識です

韓国経済、法定管理危機の双竜自動車、1週間の平沢工場操業停止


韓国経済、法定管理危機の双竜自動車、1週間の平沢工場操業停止

記事要約:法廷管理危機の韓国双竜自動車が、7日、車両用半導体の需給ひっ迫の影響で平沢工場の生産を中断すると公示。中断の期間は8日から16日まで。双竜自動車は全車種の生産への支障に加え、売り上げにも影響が出るという。どうせ法廷管理の道なのだから、生産しようが、生産しなくても大赤字だろう。

>双竜自は今月5日に発売したフェイスリフト(部分変更)モデル、ザ・ニューレクストン・スポーツ&カーンが発売初日だけで1300台以上の契約を獲得し、救世主になると期待を集めていたが、今回の半導体需給ひっ迫問題で生産に支障が出ることになった。

1300台以上の契約を獲得して救世主?アホなのか。例え、初日で1万台売れようがそんなものは焼け石に水。労働貴族に支払う高い人件費が全て持って行く。何しろ、マヒンドラに傘下になって一度も黒字になってないんだ。そんな無駄なことしてないで、労働貴族は全員、リストラしたほうがいい。それで、3分の1ぐらいの給料にして若者を雇用した方が韓国の製造業にとってはいいんじゃないか。

韓国経済、法定管理危機の双竜自動車、1週間の平沢工場操業停止

法定管理(会社更生法適用に相当)を目前に控えている双竜自動車が7日、車両用半導体の需給ひっ迫の影響で平沢工場の生産を中断したと公示した。生産中断の期間は8日から16日までの7日間となる。

今回の生産中断の原因は、車両用半導体の需給ひっ迫だ。双竜自は全車種の生産への支障に加え、売り上げにも影響が出るとみている。

双竜自は今月5日に発売したフェイスリフト(部分変更)モデル、ザ・ニューレクストン・スポーツ&カーンが発売初日だけで1300台以上の契約を獲得し、救世主になると期待を集めていたが、今回の半導体需給ひっ迫問題で生産に支障が出ることになった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/07/2021040780209.html

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
NO IMAGE
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x