韓国経済、〔終わりの始まり〕ソウル・釜山市長選、投票開始 保守系野党が優勢維持


韓国経済、〔終わりの始まり〕ソウル・釜山市長選、投票開始 保守系野党が優勢維持

記事要約:文在寅大統領や文在寅政権に引導を渡すかもしれないソウル市と釜山市の市長選が7日に投票が開始された。投票の締め切りは午後8時まで。即日開票される。この二つの選挙がどうして注目されているのか。それは次期大統領選の前哨戦となるためだ。しかも、終盤の世論調査では与党の大敗が決まっている状況。与党側が2敗すれば文在寅政権への大打撃は必至だ。注目はソウル市の選挙で与党「共に民主党」の朴映宣(パク・ヨンソン)前中小ベンチャー企業相と、呉世勲(オ・セフン)元ソウル市長の一騎打ち。でも、20ポイント差がついていたのでどうあがいても朴映宣氏は勝てない情勢だ。

>ソウル市長選は、与党「共に民主党」の朴映宣(パク・ヨンソン)前中小ベンチャー企業相と、最大野党「国民の力」の呉世勲(オ・セフン)元ソウル市長が事実上の一騎打ち。韓国では選挙戦に関し投開票日直前に実施した世論調査の公表が禁じられているが、今月1日までに発表された複数の調査では、呉氏が朴氏を20ポイント以上の大差で引き離していた。

文在寅政権は3月頃から出てきたLH職員らの土地不正登記疑惑で一気に支持を失った。最新の支持率は32%。ソウル市では26%。当然、与党で政権の運営をしていた朴映宣前中小ベンチャー企業相も無関係とは行かない。しかも、相手は元ソウル市長経験者。それだけで分が悪いのに政府への大逆風が吹き荒れている。勝てる要素が正直、見当たらない。

最初は「日韓戦」といわれていた選挙がLH職員らの土地不正登記疑惑で一気に文在寅政権批判へと傾いたのは想定外の動きだが、どちらにせよ。文在寅政権が打撃を受ければ起死回生の反日ドーピングを始めるかもしれない。ちょうど、北朝鮮が東京五輪不参加を表明した。韓国がさらにボイコット宣言すれば支持率はうなぎ登りだ。

韓国経済、〔終わりの始まり〕ソウル・釜山市長選、投票開始 保守系野党が優勢維持

【ソウル=時吉達也】来年3月に実施される大統領選の前哨戦となるソウル・釜山の両市長選で、7日、投票が始まった。選挙戦終盤の世論調査では両選挙とも保守系野党候補が優勢を維持しており、与党側が2敗すれば、任期が残り約1年となった文在寅(ムン・ジェイン)政権にも大きな打撃を与える。

投票は午後8時までで、即日開票される。新型コロナウイルス対応に伴い、隔離対象者は無症状の場合に限り、同7時20分以降外出が認められ、8時までに投票所に到着すればその後投票することが可能となっている。

ソウル市長選は、与党「共に民主党」の朴映宣(パク・ヨンソン)前中小ベンチャー企業相と、最大野党「国民の力」の呉世勲(オ・セフン)元ソウル市長が事実上の一騎打ち。韓国では選挙戦に関し投開票日直前に実施した世論調査の公表が禁じられているが、今月1日までに発表された複数の調査では、呉氏が朴氏を20ポイント以上の大差で引き離していた。

釜山市長選でも、国民の力から出馬した朴亨●(=俊のにんべんを土に)(パク・ヒョンジュン)元大統領府政務首席秘書官が、与党の金栄春(キム・ヨンチュン)前海洋水産相に対しリードを保っている。

両市長選はともに、セクハラ問題が発覚した前市長の自殺や辞任に伴う補欠選挙として実施された。新市長の任期は前任者を引き継ぎ、2022年6月まで。

https://www.sankei.com/world/news/210407/wor2104070003-n1.html

4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ももちゃん
2021年4月7日 11:52

与党が勝つには・・・・・・

こうなったら、投票結果をいじくるしかないニダ~
ウリたちは捏造が得意だから任せるニダ!!!

治部少輔
2021年4月7日 11:36

どっちの勢力が勝利しようが反日か超反日かの違いなので
どうでも良い選挙戦ではありますが、
唯一楽しみなのは2敗しレームダック拍車のドア大統領が
つ・い・に、差し押さえ資産の現金化に動く可能性が
あるという一点です。

歴代政権同様、政権末期のハイレベルの反日ブースト政策に
大いに期待してます。
2021年度中に国交正常化(=国交断絶)を是非達成したいと願っています。

零戦搭乗員
2021年4月9日 05:48
Reply to  治部少輔

どうせ降伏なら、城に火を放って敵に城を渡さずに自刃する。と言うやつか?破れかぶれ、次の政権は日本からの報復を受けるのか?

ナナシ【メル】
2021年4月7日 12:28

11時の投票率!!

中央選挙管理委員会によると、ソウル・釜山をはじめとする21個の再・補欠選挙の選挙区のこの日の午前11時の基準全体の投票率は12.2%を記録した。ソウル市長選挙の投票率は12.7%、釜山市長選挙は11.6%である。比較的野党優勢地域の投票率は高かった。ソウルの場合、野党が強気である瑞草区(15.4%)、江南区(14.9%)、松坡区(13.5%)とアパート密集地域である蘆原区(13.4%)、陽川区(13.3%)投票率がソウル平均投票率を上回った。中区も13.7%と高かった。一方、与党高地域である九老区(10.7%)、恩平区(11.4%)、中浪区(11.6%)、冠岳区(11.6%)で投票率が相対的に低かった。

4
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x