韓国経済、〔株価操作?〕SamsungがTeslaからLEDヘッドランプを大量受注か


韓国経済、〔株価操作?〕SamsungがTeslaからLEDヘッドランプを大量受注か

記事要約:サムスン電子がテスラからLEDヘッドランプを大量受注したという記事が韓国のビジネス紙「Business Korea」が報じているようだ。サムスン電子の車載LED市場では2019年、2020年とともにシェアは2%台。売上げランキング7位となっており、これが本当ならシェア拡大へ貢献するが、中国企業より、韓国企業を選ぶか。最初の記事を読んだ感想では株価操作のような気がするが、韓国メディアはよく飛ばし記事を出すからな。

>Samsungは2015年に将来の成長エンジンとして車載エレクトロニクス事業への参入を表明したが、今回の取引は同事業最大の成果だという。Samsungの故・李健熙会長は、以前、同社の新たな成長エンジンのトップ5の1つにLED事業を選んだが、中国企業の価格競争と過剰生産により、長年にわたる損失が続き、LED事業からの撤退の噂が広まっていただけに、今回の契約に伴う同事業の巻き返しに韓国半導体業界は注目しているという。

まあ、当然、テスラ側から何の発表もない。アップルカーみたいなことになるかもしれないので、しばらくは様子見てところだ。車載LED市場のシェアトップはこのような感じらしい。

>仮にこれが事実だとしても、下手にリークしてご破算になった例は数知れず。
いつもの株価操作だと思うがなあ。
世界シェアトップ6(上位5社でシェア90%以上)
・小糸製作所(日本)
・Valeo(仏+市光工業/日本)
・Hella(ドイツ+スタンレー/日本)
・Automotive Lighting(マレリ/伊→カルソニック傘下)
・Osram(オスラム/独→ams傘下)
・ZKW(オーストリア→LG電子傘下)
※小糸、スタンレー、市光は日本メーカーの工場に合わせて海外展開することが多い。

日本の企業「小糸製作所」も入ってるんだな。車載LEDそのものを管理人はよく存じてないので、また勉強しておく。

韓国経済、〔株価操作?〕SamsungがTeslaからLEDヘッドランプを大量受注か

Samsung Electronicsの半導体とディスプレイ事業を担当するDS(デバイスドリューションズ)事業部門が、EVサプライヤのTeslaとLEDヘッドランプの大型供給契約を結んだと韓国メディアのBusiness Koreaが報じている。

Samsungは2015年に将来の成長エンジンとして車載エレクトロニクス事業への参入を表明したが、今回の取引は同事業最大の成果だという。Samsungの故・李健熙会長は、以前、同社の新たな成長エンジンのトップ5の1つにLED事業を選んだが、中国企業の価格競争と過剰生産により、長年にわたる損失が続き、LED事業からの撤退の噂が広まっていただけに、今回の契約に伴う同事業の巻き返しに韓国半導体業界は注目しているという。

市場調査会社の台湾TrendForceによると、Samsungは車載LED市場で、2019年、2020年ともにシェア2%台で、売上高ランキングでも7位に甘んじている。

またSamsungは、3月にもTeslaやGoogleの親会社であるAlphabetから次世代自動運転車用SoCの開発・製造を委託された模様とも韓国メディアが報じているほか、車載半導体事業の強化に向けNXP Semiconductors、Texas Instruments、ルネサス エレクトロニクスのいずれかの買収を検討しているとも伝えられている。

今後もSamsungの自動車分野への事業拡大は続くものとみられる。

https://news.mynavi.jp/article/20210405-1865446/

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x