韓国経済危機特集のサイトへようこそ!韓国に対しては『助けない、教えない、関わらない』の『非韓三原則』がこれからの常識です

韓国経済、〔スマホ部門は売れないニダ〕LG電子、スマートフォン事業部を解体へ


韓国経済、〔スマホ部門は売れないニダ〕LG電子、スマートフォン事業部を解体へ

記事要約:韓国のLG電子が赤字のスマホ部門を売却しようとしていたが、他企業はスマホ部門より、LG電子が持つ特許に興味があるようでスマホ事業は全く売れなかった。モバイル関連特許などは他企業が欲しかったが、これを売却すれば将来的にLG電子に不利益になる恐れがあると判断して継続。解体することになった。まあ、妥当であるな。特許を売るよりはそれを使って新製品を開発するほうがいい。もっともスマホ以外でだが。

>LG電子幹部は「5日午前にソウル・汝矣島の本社で理事会(取締役会)を開き、決定することになった」と述べた。同幹部は「売却交渉を行ってきた外国企業は資産査定直前まで行ったが、スマートフォン事業そのものよりもむしろLG電子が保有する特許に関心が高かった。人工知能(AI)、自動走行など将来の産業に備え、モバイル関連特許を継続保有することが利益になると判断した」と説明した。

スマホ事業はいらない。特許なら買う。そういうことだったらしいが、人工知能(AI)、自動走行などに使えるモバイル関連特許があるなら、それを使う方向を選んだと。これが吉と出るか凶と出るかはLG次第だ。

>LG電子は今年1月末、権峰ソク(クォン・ボンソク)社長が社員に対し、「スマートフォンを担当するモバイル(MC)事業部を縮小し、他の事業部に編入するか、事業を売却するなどあらゆる可能性を検討している」と表明して以降、ベトナムのコングロマリット、ビングループ、ドイツのフォルクスワーゲン、米グーグルと売却交渉を進めてきた。しかし、LG電子が希望する売却先がなく、結局は事業部を解体することになった。

これでLG電子のスマホ事業部が解体されるので、スマホ販売は消えたわけだが、LG電子のスマホにプレミアでも付くのか。たいして売れてないので付かないかもしれないが。

LG電子がスマートフォン事業部の海外売却を断念し、事業部の解体を決めたことが4日までに分かった。

LG電子幹部は「5日午前にソウル・汝矣島の本社で理事会(取締役会)を開き、決定することになった」と述べた。同幹部は「売却交渉を行ってきた外国企業は資産査定直前まで行ったが、スマートフォン事業そのものよりもむしろLG電子が保有する特許に関心が高かった。人工知能(AI)、自動走行など将来の産業に備え、モバイル関連特許を継続保有することが利益になると判断した」と説明した。

LG電子は今年1月末、権峰ソク(クォン・ボンソク)社長が社員に対し、「スマートフォンを担当するモバイル(MC)事業部を縮小し、他の事業部に編入するか、事業を売却するなどあらゆる可能性を検討している」と表明して以降、ベトナムのコングロマリット、ビングループ、ドイツのフォルクスワーゲン、米グーグルと売却交渉を進めてきた。しかし、LG電子が希望する売却先がなく、結局は事業部を解体することになった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/05/2021040580002.html

1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ばいなりい
2021年4月5日 10:48

売れる特許が無かった、の間違いだろう? 公になると無断使用がバレるからね。

NO IMAGE
1
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x