韓国軍事【マンホールに要注意ニダ】「アパッチ」級 大型攻撃ヘリを国外購入へ=掃海ヘリは「マリンオン」を基に国内開発


韓国軍事【マンホールに要注意ニダ】「アパッチ」級 大型攻撃ヘリを国外購入へ=掃海ヘリは「マリンオン」を基に国内開発

記事要約:韓国の防衛事業庁が「アパッチ」級の大型攻撃ヘリコプターについて他国から購入して導入するようだ。それで、業界関係者はアパッチ級の攻撃ヘリが選ばれる可能性があるという。他にも海兵隊の上陸機動ヘリコプター「マリンオン」を基に掃海ヘリコプターの国内開発もするようだ。うん。マンホールに要注意だな。しかし、マリオンなんてまだ使うつもりだったのか。「スリオン」でまだ懲りてなかったという。

>今回審議、議決された大型攻撃ヘリコプター2次事業については、2022年から28年までに総事業費約3兆1700億ウォン(約3100億円)が投じられる。新たに追加されるヘリコプターは36機ほどで、機種は入札などの手順を経て選ばれる予定だ。業界関係者はアパッチ級の攻撃ヘリが選ばれる可能性が高いとみている。

韓国が外国から購入するなら、まともなヘリなのだろう。ロシアだろうか。実際、売ってくれるかは知らないが。

>韓国軍は2012~21年にかけて約1兆9000億ウォンを投じ、AH64E(アパッチ・ガーディアン)36機を配備する大型攻撃ヘリコプター1次事業を推進した。アパッチは北朝鮮軍の戦車やホバークラフトの接近を防ぐ任務を遂行する。

まあ、そんなものがあろうか、なかろうが、首都ソウルに砲撃を食らったら即終了なんですけどね。ヘリに無駄な金を使うぐらいならソウルから首都を移転したほうがいいぞ。

韓国軍事【マンホールに要注意ニダ】「アパッチ」級 大型攻撃ヘリを国外購入へ=掃海ヘリは「マリンオン」を基に国内開発

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁は31日に開いた防衛事業推進委員会で、「アパッチ」級の大型攻撃ヘリコプターについては他国から購入する方式で、機雷除去などを行う海軍の掃海ヘリコプターは国内で研究開発する方式でそれぞれ導入することを決めた。

今回審議、議決された大型攻撃ヘリコプター2次事業については、2022年から28年までに総事業費約3兆1700億ウォン(約3100億円)が投じられる。新たに追加されるヘリコプターは36機ほどで、機種は入札などの手順を経て選ばれる予定だ。業界関係者はアパッチ級の攻撃ヘリが選ばれる可能性が高いとみている。

韓国軍は2012~21年にかけて約1兆9000億ウォンを投じ、AH64E(アパッチ・ガーディアン)36機を配備する大型攻撃ヘリコプター1次事業を推進した。アパッチは北朝鮮軍の戦車やホバークラフトの接近を防ぐ任務を遂行する。

同じくこの日の会議で審議、議決された掃海ヘリコプター事業には22年から30年までに総事業費8500億ウォンが投じられる。韓国航空宇宙産業(KAI)が製作した海兵隊の上陸機動ヘリコプター「マリンオン」を基に掃海ヘリコプターの国内開発が行われるとみられる。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210331005000882?section=politics/index

3 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ひふみ
2021年4月1日 17:08

いつも言う国産化って無くなったんだね。
36機かぁ。ニコイチ運用だから、実質18機だな。

それよりも
2021年4月1日 18:58

まず先に払うべき物があるのでは?
それ動かす燃料入手できなくなるよ?

キジトラ
2021年4月2日 11:47

最新兵器を増やした所で 動かすのは人間でないと出来んぞ 韓国人に操縦やら操作できんのか?うん。

Last edited 1 month ago by キジトラ
3
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x