韓国経済危機特集のサイトへようこそ!韓国に対しては『助けない、教えない、関わらない』の『非韓三原則』がこれからの常識です

韓国政治、【ソウル市長選】羅卿ウォン氏「国民には日本の缶ビール1本も買えないようにしておいて朴映宣候補は東京に家を買っている」と批判


韓国政治、【ソウル市長選】羅卿ウォン氏「国民には日本の缶ビール1本も買えないようにしておいて朴映宣候補は東京に家を買っている」と批判

記事要約:朴映宣候補は日本人の不買運動、ノージャパンの扇動家で日本産ビールを買うなといいながら、本人は東京に家を買っていたそうだ。それを応援遊説現場で羅卿ウォン氏に暴露されたという。まあ、よくある韓国人だ。自分らは日本車に乗ったり、東京に家を買うけど韓国人には日本産ビールやユニクロを不買させる。それで、日本産ビールやユニクロの売上げが減ったら勝利宣言だ。しかし、そんな小さな市場で売上げが減ろうがたいしたことがないことを韓国人は理解しない。

>羅氏はこの日、釜山海雲台区盤如洞(プサン・ヘウンデグ・パニョドン)の朴亨ジュン(パク・ヒョンジュン)釜山市長候補(国民の力)の応援遊説現場で「われわれ国民には日本の缶ビール1本も買えないようにしておいて、本人は東京に家を買っている。本当にすごい人だ」と朴映宣候補を批判して「我が党に対して毎日『土着倭寇』と言うが、本人は何をしているか分からない」と話した。

もちろんだ。韓国人だぞ。韓国人のやることなんてわかるわけないだろう。本人もわかってないのだから。

>羅氏は「今やこの政府を審判しようということには、すべての野党圏が共にしている」とし「韓国は経済協力開発機構(OECD)加盟国でワクチン接種が最下位、104番目のワクチン接種国家になった。釜山市民の皆さんに切実に訴える。今回の選挙は単に政治が上手な市長を選ぶ選挙それ以上のもので、政権交代の第一歩」と話した

政権交代の第一歩かどうかは知らないが、「日韓戦」で盛り上がるのはおかしな話だ。

韓国政治、【ソウル市長選】羅卿ウォン氏「国民には日本の缶ビール1本も買えないようにしておいて朴映宣候補は東京に家を買っている」と批判

韓国野党「国民の力」の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)元議員が29日、選挙遊説をしながら与党「共に民主党」の朴映宣(パク・ヨンソン)ソウル市長候補を批判した。

羅氏はこの日、釜山海雲台区盤如洞(プサン・ヘウンデグ・パニョドン)の朴亨ジュン(パク・ヒョンジュン)釜山市長候補(国民の力)の応援遊説現場で「われわれ国民には日本の缶ビール1本も買えないようにしておいて、本人は東京に家を買っている。本当にすごい人だ」と朴映宣候補を批判して「我が党に対して毎日『土着倭寇』と言うが、本人は何をしているか分からない」と話した。

羅氏は「今やこの政府を審判しようということには、すべての野党圏が共にしている」とし「韓国は経済協力開発機構(OECD)加盟国でワクチン接種が最下位、104番目のワクチン接種国家になった。釜山市民の皆さんに切実に訴える。今回の選挙は単に政治が上手な市長を選ぶ選挙それ以上のもので、政権交代の第一歩」と話した。

https://japanese.joins.com/JArticle/277102?sectcode=200&servcode=200

1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
野次馬
2021年3月31日 08:03

全くもって鬱陶しい限り、日本には全く関係ない話。
一々日本を絡めないで欲しい。

NO IMAGE
1
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x