韓国経済危機特集のサイトへようこそ!韓国に対しては『助けない、教えない、関わらない』の『非韓三原則』がこれからの常識です

韓国社会、【知ってた速報】4400万→3000万人に減った接種…韓国野党「ワクチン水増し明るみに」

韓国社会、【知ってた速報】4400万→3000万人に減った接種…韓国野党「ワクチン水増し明るみに」

記事要約:韓国政府が12月に発表した新型コロナウイルスのワクチン確保した数が4400万から気がつくと3000万に減っていたようだ。内訳はCOVAX1000万人分。アストラゼネカが1000万人分。ファイザーが1000万人分。モデルナが1000万人分。ジョンソンエンドジョンソン400万人分となっていた。3000万ということはこの中で1400万ほど減ったことになる。管理人の推測だと、全部が水増しになっているんじゃないか。4400万の3割程度は嘘の数を述べていた。韓国政府なら良くやるからな。

>韓国政府が昨年12月に今年度予算案を処理する際に、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチン費用を低くし、接種人員を水増ししていたという主張が野党から提起された。「国民の力」が今月4日に国会に提出された補正予算案のワクチン購入事業の部分を詳しく調べたところ、当初4400万人分としていた本予算のワクチン費用が3000万人分に縮小されているという理由だ。

韓国政府が接種人員を水増ししていた。いつものことだな。自分たちでフェイクニュースをだしながら、マスメディアのフェイクニュースは監視するという。

>秋議員によると、疾病管理庁は2兆3484億ウォン(約2250億円)のワクチン購入事業を追加経費案に含めた。同時に本予算にはすでにワクチン3000万人分の予算が含まれており、今回追加で4900万人分を加えて合計7900万人分の予算を編成すると説明したという。しかし企画財政部は昨年12月2日の今年度予算案が国会本会議で通過した後に配布した報道資料に「(海外ワクチン導入)4400万人分確保を目指し、接種率などを勘案したワクチン購入費用0.9兆ウォン追加反映(目的予備費)」と記した。4400万人ワクチン購入のために必要な総予算は1兆3000億ウォンだが、すでに2020年予算に含まれた3600億ウォンを差し引いて、予備費9000億ウォンを追加で編成したという説明だった。

ああ、これはきっと疾病管理庁のうっかりミスだ。本来は4400万人分の予算が含まれていると嘘を付くところを、正直に3000万と本当の数を書いてしまったのだろう。でも、それなら1400万人分の費用は何処に消えるんだ?やはり、ポッケナイナイなのか。なあに、ワクチンなんて生理食塩水で薄めておけば誰も気づかれないものな。3000万人分を4400万人分の量に水増しすればいいだけ。薄めたところで誰もわからない。調べることができないものな。

>秋議員は「政府のワクチン購入要請予算は全額認める予定」としながらも「今年度本予算審議当時、国会を欺瞞した関連機関と関係者に対する問責は必ず行われるべき」と強調した。

そんな問責なんてするわけないだろ。まるで韓国政府が嘘を言ったみたいではないか。ええ?嘘つきだって?いやいや、嘘も100回付けば真実になるんですよ。韓国だとな。毎日、韓国政府が嘘を付いてるのだから、既に真実ということだ。

韓国社会、【知ってた速報】4400万→3000万人に減った接種…韓国野党「ワクチン水増し明るみに」

韓国政府が昨年12月に今年度予算案を処理する際に、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチン費用を低くし、接種人員を水増ししていたという主張が野党から提起された。「国民の力」が今月4日に国会に提出された補正予算案のワクチン購入事業の部分を詳しく調べたところ、当初4400万人分としていた本予算のワクチン費用が3000万人分に縮小されているという理由だ。

国会予算決算特別委員会の国民の力幹事である秋慶鎬(チュ・ギョンホ)議員は12日の記者会見で「疾病管理庁のワクチン購入事業の場合、国民と国会を欺いていたことが明らかになった」と主張した。

秋議員によると、疾病管理庁は2兆3484億ウォン(約2250億円)のワクチン購入事業を追加経費案に含めた。同時に本予算にはすでにワクチン3000万人分の予算が含まれており、今回追加で4900万人分を加えて合計7900万人分の予算を編成すると説明したという。

しかし企画財政部は昨年12月2日の今年度予算案が国会本会議で通過した後に配布した報道資料に「(海外ワクチン導入)4400万人分確保を目指し、接種率などを勘案したワクチン購入費用0.9兆ウォン追加反映(目的予備費)」と記した。4400万人ワクチン購入のために必要な総予算は1兆3000億ウォンだが、すでに2020年予算に含まれた3600億ウォンを差し引いて、予備費9000億ウォンを追加で編成したという説明だった。

結局、昨年12月予算案が通過した直後には「4400万人分ワクチン予算を確保した」という趣旨で広報しておきながら、今になって国会には「4400万人分ではなく3000万人分だ」というように言葉を変えたというのが秋議員の主張だ。

秋議員は「政府のワクチン購入要請予算は全額認める予定」としながらも「今年度本予算審議当時、国会を欺瞞した関連機関と関係者に対する問責は必ず行われるべき」と強調した。

秋議員はこの日、追加経費案に含まれた他の事業の問題点に対しても指摘した。

中小ベンチャー企業部は露天商4万人に50万ウォンを支援するために200億ウォンを編成した。

秋議員はこれに対して「全国露天商がいくつあり、そのうちのなぜ4万人が支援対象なのか根拠も分からないどんぶり勘定式の補正予算」としながら「支援条件が露天商の事業者登録を前提としているため、毎年少なくとも54万ウォンの総合所得税を出さなければならないので、事実上の税金納付告知書発行事業といえる」と批判した。50万ウォンを受けとるために、それよりも多くの税金を払う人間がどこにいるのかということだ。

秋議員は中小ベンチャー企業部がコロナで被害を受けた小商工人を支援するために編成した6兆7350億ウォンの小商工資金援助事業に対しても「4月初めに整理が完了する国税庁付加価値税申告資料を基準として支援方案を用意するべき」と指摘した。秋議員は「選挙前の支給を目指して急造された、ただの現金散布用事業」としながら「被害実態の把握や分析さえもきちんとせず、適正性論争や死角地帯問題など公平性に対する批判が持続的に提起されている」とした。

秋議員はまた、全国薬局全体2万3000店舗に体温計を普及させる事業(82億ウォン)に対しては「コロナ事態が1年が過ぎた今、唐突すぎる」とし「零細自営業者は自費で体温計を購入した点を考慮するなら、公平性に問題のある事業だ」と批判した。「短期アルバイト」雇用予算に対する指摘も続いた。環境部はリサイクル品を選別・分類する人材ではなく、単に分離排出案内と広報のために合計1万人の「分離排出コンパニオン」を置く事業に1152億を編成した。秋議員は「現場広報人材投入に対して実効性が落ちるにもかかわらず、税金浪費性の職を無理やり作り出した」と酷評した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c306159366c5f6a75555d9f6a60fa52d520f0a7c

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
NO IMAGE
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x