韓国経済危機特集のサイトへようこそ!韓国に対しては『助けない、教えない、関わらない』の『非韓三原則』がこれからの常識です

韓国経済、【慰安婦詐欺ビジネス】李容洙さん、外交部チョン長官に託す「菅首相説得し慰安婦問題ICJに提起しなければ」


韓国経済、【慰安婦詐欺ビジネス】李容洙さん、外交部チョン長官に託す「菅首相説得し慰安婦問題ICJに提起しなければ」

記事要約:偽慰安婦の李容洙が、韓国の外交部長官に「菅首相説得し慰安婦問題ICJに提起しなければ」とか述べていたようだ。ICJはそんなことを提訴するものでもないが、それを日本に提案したら、なら、竹島の韓国の不法占拠についてもついでに提訴しましょうになるだろうな。

>李さんはこの席で、鄭長官に慰安婦問題のICJへの付託を要請した。李さんは面談後に記者らと会い、「きょうは長官が赴任されたことにお祝いも申し上げ、『慰安婦問題もよくやってください』とお願いしにきた。『大統領に会わせてほしい、菅首相を説得してICJに行き判決を受けようと言ってほしい』と長官に話した」と述べた。

もちろん、日本は韓国が提訴するなら受けて立つだろう。証言しかないものが国際司法裁判所がどう扱うか見物だな。だが、こんな売春婦にお祝いを申し上げられてもな。文在寅大統領がこんな偽慰安婦に会うわけないだろう。

しかし、韓国政府は自分らが育てたモンスターに後ろから襲われるわけだ。自業自得なので一切,同情も哀れみもないがな。こんな靴とワンピース欲しさに慰安婦になった売春婦に韓国政府はさっさと引導を渡すべきだろう。お前は偽慰安婦だろう。自分でそう証言していたテレビ映像があるとな。

韓国経済、【慰安婦詐欺ビジネス】李容洙さん、外交部チョン長官に託す「菅首相説得し慰安婦問題ICJに提起しなければ」

外交部の鄭義溶(チョン・ウィヨン)長官が3日、旧日本軍慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんと会い、慰安婦問題の国際司法裁判所(ICJ)への付託などを議論した。

鄭長官はこの日午後3時ごろにソウルの外交部庁舎で李さんと面談した。

李さんはこの席で、鄭長官に慰安婦問題のICJへの付託を要請した。李さんは面談後に記者らと会い、「きょうは長官が赴任されたことにお祝いも申し上げ、『慰安婦問題もよくやってください』とお願いしにきた。『大統領に会わせてほしい、菅首相を説得してICJに行き判決を受けようと言ってほしい』と長官に話した」と述べた。

李さんの要求に鄭長官は「最善を尽くしたい」と答えたという。鄭長官は李さんが「言葉だけでなく行動してほしい」と再度要求すると、「そのようにしたい」ともう一度話したという。

https://s.japanese.joins.com/JArticle/276158?servcode=200

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
NO IMAGE
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x