韓国経済、【動画配信サービス】Netflix、韓国作品に520億円の大規模投資。ヒット作続き、制作強化へ


【動画配信サービス】Netflix、韓国作品に520億円の大規模投資。ヒット作続き、制作強化へ

記事要約:管理人もネットフリックスを視聴していて、最近は逆転裁判、アマゾンプライムのDストアでZOEなどのアニメを見ているが、ネットフィリクスで「ターミネーター」がアニメ化されるのは少々気になっている。声優さんを海外吹き替え版の人をそろえて欲しいところだが、一体、どうなるんだろうか。

それで、韓国でもコロナ禍もあり、人気のようで、韓国作品に520億円の大規模投資。ヒット作続き、制作強化するそうだ。

>『愛の不時着』『梨泰院クラス』『キングダム』『BLACKPINK~ライトアップ・ザ・スカイ~』など世界的な人気を誇る韓国発のオリジナル作品を発表してきたNetflix。韓国でのNetflix有料会員は380万世帯(2020年12月時点)で、Varietyによると、これは韓国の全世帯の約20%に相当する。

確かに韓国の全世帯数で2割は大きいな。上の作品は確かに名前だけ聞いたことあるが、管理人は全く視聴していない。この先も見ないだろうな。別に韓国作品が増えようが、好きな物を見るだけなんでどうでもいい。それがテレビとは違うところだよな。視聴する時間も、チャンネルも変えなくてもいいからな。

ただ、最近、値上げが多いからな。これ以上、値上げされるとどうなんだろうか。日本では描写関係で難しい刃牙などが製作されているので、日本のアニメは世界でも人気だと。面白い作品があれば独自に紹介しても楽しそうではあるな。

韓国経済、【動画配信サービス】Netflix、韓国作品に520億円の大規模投資。ヒット作続き、制作強化へ

2021年02月25日 16時26分 JST | 更新 2時間前
Netflix、韓国作品に520億円の大規模投資。ヒット作続き、制作強化へ
『愛の不時着』やBLACKPINKのドキュメンタリーなど、韓国発の映画・ドラマに全世界が注目。

若田悠希

世界最大級の動画配信サービスNetflixは2021年、韓国発の作品におよそ520億円を投資すると、2月25日にオンラインイベント「See What’s Next Korea 2021」で発表した。

『愛の不時着』『梨泰院クラス』『キングダム』『BLACKPINK~ライトアップ・ザ・スカイ~』など世界的な人気を誇る韓国発のオリジナル作品を発表してきたNetflix。韓国でのNetflix有料会員は380万世帯(2020年12月時点)で、Varietyによると、これは韓国の全世帯の約20%に相当する。

同社の共同CEOでコンテンツ責任者のテッド・サランドス氏によると、Netflixは韓国でサービスが開始した2016年から2020年の間で、累計約730億円を投資し、約80本の作品を全世界に配信してきた。

サランドス氏は、「今では韓国作品がグローバルエンターテインメントのトレンドとして定着していることを実感している」とし、今後より大規模な予算をかけ、作品作りに注力することを明らかにした。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_60373c15c5b6df86c004afbb

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x