日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国経済、1位米国・2位中国・3位日本・4位インド・5位ロシア、韓国は…=アジア太平洋国力評価

記事要約:今回の記事はアジア太平洋国力評価というやつで、まあ、妥当なところではないか。ただ、3位に日本というのは高すぎだと思う。国力という範囲が難しいが、5位のロシアの方が管理人は強いとおもう。おもに軍事力でロシアに対抗できるわけもないしな。

1位米国、2位中国は見てのとおりだが、中国は米国に少しを差を縮めたようだ。これは点数も書いてあるが、中国がそこまでアメリカに迫っているとは信じがたい。ファーウェイ危機を見ればわかるが、所詮,中国は米技術なしでは張り子の虎である。知的財産を侵害、他人の技術を盗むことで力を付けた中国の国力がそこまで高い評価になるはずもない。

> オーストラリアのシンクタンク・ローウィー研究所が29日(現地時間)に発表した「2019年度版アジア・パワー・インデックス」によると、米国は昨年と同じ84.5点で2年連続1位、2位の中国は昨年よりも1.4点高い75.9点で、米国との差が1桁台となった。韓国は32.7点で6位だった。 

それで、韓国は6位らしい。つまり、ロシアの次に国力が高いということになる。あり得ないな。だいたい、ロシアが強大国に入ってない時点でおかしい。そもそも、韓国の国力てなんだ?半導体か。スマホか。どれも代替が利くものではないか。サムスン電子だってファーウェイと同じで米技術なしではスマホも半導体も造れないだろうに。

結局、国力というのは自分たちの国で何が相手の技術なしで造れるかになってくると最近は思う。そういう意味では日本は何でも造れるんじゃないか。売る市場はともかくとして。

この記事に対する旧サイトのコメント(3)

Screenshot of kankokukeizai.kill.jp

韓国経済、1位米国・2位中国・3位日本・4位インド・5位ロシア、韓国は…=アジア太平洋国力評価

豪シンクタンク・ローウィー研究所が発表 

 アジア太平洋地域で最も国力の強い国は今も米国だが、2位の中国との差は1年前に比べて狭まったとの分析結果が公表された。 

 オーストラリアのシンクタンク・ローウィー研究所が29日(現地時間)に発表した「2019年度版アジア・パワー・インデックス」によると、米国は昨年と同じ84.5点で2年連続1位、2位の中国は昨年よりも1.4点高い75.9点で、米国との差が1桁台となった。韓国は32.7点で6位だった。 

 ローウィー研究所は昨年から米国、オーストラリア、ニュージーランドなど太平洋沿岸諸国を含むアジア25カ国を対象に軍事力、経済力、外交力など八つの分野を総合したパワー指数を算出している。 

 日本が42.5点で3位、インドが41点で4位となり、いずれも強大国に分類されている。5位のロシア(35.4点)から17位のフィリピン(13.7点)までは中間国で、最も低い4.7点のネパールなど10点未満の8カ国は弱小国とされた。北朝鮮は14点で全体の16位だったが、昨年に比べて1ランク上がった。 

 ローウィー研究所は「日本は果敢な海外投資によって影響力を拡大し、自由陣営のリーダーに浮上している」「インドは政府の統制力が弱いため、中国ほどの成長ができていない」などと分析した。 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/30/2019053080019.html

>
0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
>
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ