韓国経済危機特集のサイトへようこそ!韓国に対しては『助けない、教えない、関わらない』の『非韓三原則』がこれからの常識です

韓国経済、【都合の良い解釈】「バイデン氏は太陽政策を支持」「われわれと相性が良い」…韓国与党はわれもわれもと皮算用


韓国経済、【都合の良い解釈】「バイデン氏は太陽政策を支持」「われわれと相性が良い」…韓国与党はわれもわれもと皮算用

記事要約:韓国野党が都合良く考えて「バイデン氏は太陽政策を支持」とか、「われわれと相性が良い」など述べているが、実際、バイデン氏がどのように韓国を扱うは未知数だ。朝鮮日報ですら皮算用と批判しているという。しかも、要望が面白い。

>与党勢力からは韓米首脳会談の早期開催をはじめとして、バイデン次期政権に対して北朝鮮への特使派遣、開城工業団地再開、韓米訓練の延期などを求める声が相次いでいる。

すごいだろう。バイデン氏は北朝鮮に対する圧力は厳しいと思うが、そんなことを韓国与党は無視だからな。だいたい、北に経済制裁しているのに開城工業団地再開などあり得ないだろう。韓米訓練の延期とか、それはもう米韓同盟はいらないてことか。ちょっと都合良く妄想しすぎだな。

韓国経済、【都合の良い解釈】「バイデン氏は太陽政策を支持」「われわれと相性が良い」…韓国与党はわれもわれもと皮算用

韓国の与党勢力は9日、米民主党のバイデン候補の大統領選挙での当選が決まると、文在寅(ムン・ジェイン)政権がこれまで進めてきた南北平和プロセス再開と米朝関係回復への期待感をあらわにし始めた。

与党勢力からは韓米首脳会談の早期開催をはじめとして、バイデン次期政権に対して北朝鮮への特使派遣、開城工業団地再開、韓米訓練の延期などを求める声が相次いでいる。

韓国与党・共に民主党の金太年(キム・テニョン)院内代表はこの日、党の会議で「バイデン当選人は米議会上院外交委員長だった当時、金大中(キム・デジュン)元大統領による太陽政策への支持を正式に発表したことがある」と発言した。その上で金太年氏は「バイデン氏の登場は、韓半島平和プロセスを進展させる新たなチャンスだ」「韓米首脳会談の早期開催が必要だ」などとも主張した。

同党所属の宋永吉(ソン・ヨンギル)国会外交統一委員長もあるラジオ番組に出演した際「バイデン当選人は過去のクリントン政権による積極的な関与政策を採用する可能性が高い」「トランプ大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と会ったことなどを一方的に否定できないと考えている」と述べた。

宋委員長はさらに「バイデン政権は近いうちに(北朝鮮に)特使を派遣するとか、対話ルートを開いて北朝鮮が非核化に向かうよう信頼を積み上げる措置を取るべきだ」とも主張した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/10/2020111080043.html

1 Comment
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ひふみ
2020年11月10日 13:06

どうして相手のことを考えずに一人妄想できるんだろうな。不思議。。。
で,韓国に都合よく韓国内で出来上がって,実際はその逆になるパターンはトランプ大統領就任時に経験済みのはずなのにね。

ここまで書いて気が付いた。勝手に被害者になりたいんだ(笑)。

NO IMAGE
1
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x