日本の底力!(韓国経済危機&崩壊特集)のサイトへようこそ!ゆっくりしていってね!

韓国社会、【性犯罪者に人権などいらないニダ】“性犯罪者の個人情報”がモバイルで確認できるように 「いつでもどこでも便利に」

韓国社会、【性犯罪者に人権などいらないニダ】“性犯罪者の個人情報”がモバイルで確認できるように 「いつでもどこでも便利に」

記事要約:人権を無視した韓国ならではの試みだと思うが、性犯罪者の個人情報がモバイルで確認できるようになったそうだ。「いつでもどこでも便利に」とかあるが、これはなんだろうか。就職の面接の時にでも使えてことなのか。

>そこで女性家族部は、性犯罪者の転入・転出時の関連情報をスマートフォンを通じていつでもどこでも確認できるように、モバイル通知制度を導入した。ただし児童・青少年保護機関には、従来のように郵便で告知書を発送する。

これはあれだよな。もはや、見世物レベルだよな。あれか、街に引っ越してきた性犯罪者がいればすでにその個人情報はSNSなどで噂になっていると。監視社会のプレリュードみたいになってるな。でも、これは興味本位で調べたら近所に100人ぐらい性犯罪者が確認できましたとかになったりしたらどうするんだろうな。逆にその街に住むのが恐怖にならないか。

韓国社会、【性犯罪者に人権などいらないニダ】“性犯罪者の個人情報”がモバイルで確認できるように 「いつでもどこでも便利に」

韓国では来る11月25日からカカオトークなどのモバイルを通じて、「性犯罪者の個人情報」を確認することができるようになる。

11月9日、韓国女性家族部によると、「性犯罪者の個人情報」のモバイル告知が11月25日から実施される。今年までは試験的に郵便とモバイル告知を並行し、来年からはモバイル告知書の未閲覧者に対してのみ郵便による告知書を発送する。

19歳未満の児童・青少年を持つ世帯の世帯主がカカオトークやカカオペイに加入し、本人認証の手続きを行えば、受信と閲覧が可能となる。

「いつでも性犯罪者の情報を確認できる」

これまで性犯罪者の個人情報は、19歳未満の児童・青少年保護世帯の世帯主に郵便を通じて通知してきたが、発送から受信までの3~5日かかるうえ、発送の遅れや紛失問題、個人情報の流出の懸念などがあり、不便という声が高まっていた。

そこで女性家族部は、性犯罪者の転入・転出時の関連情報をスマートフォンを通じていつでもどこでも確認できるように、モバイル通知制度を導入した。ただし児童・青少年保護機関には、従来のように郵便で告知書を発送する。

モバイルでの告知書の受信と閲覧を希望する場合は、19歳未満の児童・青少年保護世帯の世帯主がカカオトークやカカオペイに登録し、本人認証の手続きを行う必要がある。告知書は、児童・青少年保護世帯の世帯主に発送されるため、世帯員は「性犯罪者通知e」のホームページで別途、申請しなければならない。

韓国女性家族部イ・ジョンオク長官は、「モバイル電子告知の導入によって国民がいつでもどこでも便利に性犯罪者の情報を確認することができる」とし、「今後も性犯罪者の個人情報公開と告知制度を継続的に改善し、子供や家族が性犯罪から安全な環境で暮らしていけるように努力したい」と、導入の趣旨を説明した。

https://sportsseoulweb.jp/society_topic/id=20150

>
4 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
竹の島
2020年11月9日 22:50

>性犯罪者の個人情報」を確認

ここまでやっても韓国の性犯罪は減少しないんじゃないかな
実施1年後の成果を楽しみに待ってるよ
それでも増えたりしてw

韓国を生温かく看取る者
2020年11月10日 08:54

興味本位で調べたら近所に100人ぐらい性犯罪者が確認できましたとかになったりしたらどうするんだろうな。

100人どころか市長含め市全体が性犯罪者ってのもあり得る。

犯罪大国
2020年11月10日 10:02

国連のサイトに「Sexual
violence」のデータがありここで日本と韓国の比較ができる

国(統計年度)/性犯罪総数/人口10万人当たり
日本(2016年) 7,177人 5.6人
韓国(2017年) 24,110人  47.2人

韓国は日本の8.4倍、この施策でも性犯罪者を減らすことは困難だろう

治部少輔
2020年11月10日 16:41

映画『ゼイリブ』の様にそこら中に性犯罪者が、、、、となりそうですね。

>
4
0
コメントをどうぞx
()
x
ツールバーへスキップ