韓国経済、韓国主要10グループの上場企業 営業益4割減=1~3月


記事要約:今年の1月から3月の期間で、韓国の主張10グループの上場企業の営業利益が4割減となったようだ。これについては中々,厳しい状態と言えるのだがいくらか確認しておこう。

> 韓国の財閥情報サイト、財閥ドットコムによると、資産上位10企業グループに属する上場企業95社の1~3月期の営業利益(単体ベース)は計14兆9000億ウォン(約1兆3716億円)で前年同期の26兆590億ウォンより42.8%減少した。 

韓国の資産上位グループの営業益が4割減。その金額は1兆円程度の減益ということになる。もはや、金額が大きすぎてわからないが、この営業減のほとんどがサムスン電子とSKハイニックスである。

> サムスングループの上場企業の営業利益は5兆1730億ウォンで、前年同期(12兆6570億ウォン)に比べ平均59.1%減少した。サムスン電子の営業利益(3兆8970億ウォン)が同65.2%減少した影響が大きい。 

半導体でどれだけ荒稼ぎしていたのかがよくわかる。しかし、利益が平均6割減でも、サムスン電子が潰れるようなことはない。5兆1730億ウォンでも十分な利益であるためだ。ただ、サムスン電子は半導体に投資する費用と、折りたたみ式スマホが暗礁に乗り上げているので、このふたつ次第では大きく傾くかもしれない。次は、SKハイニックス。

>SKグループの上場企業の営業利益は4兆2780億ウォンで同41.4%減少した。SKハイニックスの営業利益(1兆2170億ウォン)が同72.1%減と大幅減益になったため。 

SKハイニックスも営業利益7割減と。でも、ここはラオスのダム決壊という最悪な人災を引き起こしたSK建設の所属するグループである。あれから何のニュースもないが、捜査は進んでいるのか。ラオスそのものが秘密主義なところがあるので、中々,難しいのだろうか。最後に気になるのが現代自動車である。

> 一方、昨年業績が振るわなかった現代自動車グループは営業利益が1兆4470億ウォンで同50.4%増加した。農協グループと現代重工業グループもそれぞれ9.0%増、3.7%増となった。 

現代自動車に復調の兆しがある。どこで売れているかは知らないが、これは注目だろう。

この記事に対する旧サイトのコメント(4)

韓国経済、韓国主要10グループの上場企業 営業益4割減=1~3月

【ソウル聯合ニュース】 

韓国の財閥情報サイト、財閥ドットコムによると、資産上位10企業グループに属する上場企業95社の1~3月期の営業利益(単体ベース)は計14兆9000億ウォン(約1兆3716億円)で前年同期の26兆590億ウォンより42.8%減少した。 

中でも半導体の好況で昨年過去最高の業績をたたき出したサムスン電子とSKハイニックスの営業利益が急減した。 

サムスングループの上場企業の営業利益は5兆1730億ウォンで、前年同期(12兆6570億ウォン)に比べ平均59.1%減少した。サムスン電子の営業利益(3兆8970億ウォン)が同65.2%減少した影響が大きい。 

SKグループの上場企業の営業利益は4兆2780億ウォンで同41.4%減少した。SKハイニックスの営業利益(1兆2170億ウォン)が同72.1%減と大幅減益になったため。 

ハンファグループも営業利益が770億ウォンで同79.3%減少した。上場企業7社のうち6社が減益か赤字となった。 

このほか、LGグループ(1兆2200億ウォン)が同20.2%減、ロッテグループ(7240億ウォン)が21.1%減、ポスコグループ(1兆270億ウォン)が13.6%減、GSグループ(4790億ウォン)が29.6%減と、いずれも減益だった。 

一方、昨年業績が振るわなかった現代自動車グループは営業利益が1兆4470億ウォンで同50.4%増加した。農協グループと現代重工業グループもそれぞれ9.0%増、3.7%増となった。 

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190519000200882

0 Comments
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x