韓国軍事、【そんなゴミはいらない】インドネシア、米仏の戦闘機購入の意向…韓国型戦闘機開発への参加はやめる?


韓国軍事、【そんなゴミはいらない】インドネシア、米仏の戦闘機購入の意向…韓国型戦闘機開発への参加はやめる?

記事要約:インドネシアが米物の戦闘機購入の意向で、韓国型戦闘機開発への参加はやめる?のかというのが今回の記事。もちろん、そんなゴミはいらないですよ。

>インドネシアが米国のF-15EXやフランスの戦闘機ラファールなどの購入計画を発表したことをめぐって、同国が韓国型戦闘機(KF-X)開発事業から手を引くのではないかとの疑問が提起されている。

なんで、アメリカやフランスから戦闘機を買うのに、韓国のゴミみたいな戦闘機「KFX」を購入しないといけないのか。インドネシアはもうすでに撤退を進めているだろう。

>インドネシア空軍のファザル・パルセティオ参謀総長は最近、軍の年例首脳部会議で、今年から2024年までに様々な現代式の防衛装備を配備する計画であり、これには米国のF-15EXとフランスのラファール戦闘機が含まれることを明らかにした。

もっとも、インドネシアは中国よりなので、米国やフランスが戦闘機を売ってくれるかは知らない。

>防衛事業庁が今月17日に国会国防委員会に報告した内容によると、インドネシアは韓国型戦闘機開発事業の費用の20%に当たる1兆7619億ウォン(約1680億円)を段階ごとに分担することになっているが、2月までに支払うべき8316億ウォン(約794億円)のうち、すでに支払いが済んでいるのは2272億ウォン(約217億円)のみで、6044億ウォン(約577億円)が未納となっている。

他に戦闘機を買うなら未払いの6044億ウォンなんて払うわけないよな。インドネシアもそろそろ、韓国のゴミ戦闘機なんていらないとはっきり言いたいが、まだ、アメリカやフランスから調達許可が出ていないのだろうな。

>2026年までに韓国型戦闘機の開発が完了すれば、インドネシアは参加の見返りとして、試作機1機と技術資料を受け取り、48機を現地生産する。インドネシアが分担金の支払いを滞納している背景は明らかではない。軍内外からは、開発中の韓国型戦闘機の核となる技術のほとんどが米国と関係しているため、技術移転が難しいのではないかとインドネシア側が疑っているという観測も出ている。

米国が韓国に軍事技術を渡すはずがない。ましてや、それをインドネシアに技術移転なんて許すわけないだろう。

>防事庁は資料を発表し、「インドネシアによるF-15EXとラファールの導入計画は、これまでに推進されてきたインドネシア空軍の戦力の空白の補強のための活動であり、韓国型戦闘機の共同開発とは別の事案と判断する」との立場を明らかにした。

別の事案といっても、明らかに軍事費だろ?インドネシアの財源は無限ではないのだぞ。しかも、滞納している時点で払う気はないと。これもそのうち色々出てきそうだな。

韓国軍事、【そんなゴミはいらない】インドネシア、米仏の戦闘機購入の意向…韓国型戦闘機開発への参加はやめる?

インドネシアが米国のF-15EXやフランスの戦闘機ラファールなどの購入計画を発表したことをめぐって、同国が韓国型戦闘機(KF-X)開発事業から手を引くのではないかとの疑問が提起されている。

インドネシア空軍のファザル・パルセティオ参謀総長は最近、軍の年例首脳部会議で、今年から2024年までに様々な現代式の防衛装備を配備する計画であり、これには米国のF-15EXとフランスのラファール戦闘機が含まれることを明らかにした。

日刊「コンパス」などのインドネシア現地のメディアが報じた。また、段階的に導入する防衛装備の中には、F-15EXやラファールの他に給油機、輸送機、中高度長距離無人機などがあると報じた。

問題は、インドネシアがこのように防衛力増強を理由として外国の戦闘機などの導入を進めながら、韓国との共同開発に合意していた「韓国型戦闘機開発事業」の分担金は滞納しているということだ。

防衛事業庁が今月17日に国会国防委員会に報告した内容によると、インドネシアは韓国型戦闘機開発事業の費用の20%に当たる1兆7619億ウォン(約1680億円)を段階ごとに分担することになっているが、2月までに支払うべき8316億ウォン(約794億円)のうち、すでに支払いが済んでいるのは2272億ウォン(約217億円)のみで、6044億ウォン(約577億円)が未納となっている。

2026年までに韓国型戦闘機の開発が完了すれば、インドネシアは参加の見返りとして、試作機1機と技術資料を受け取り、48機を現地生産する。インドネシアが分担金の支払いを滞納している背景は明らかではない。軍内外からは、開発中の韓国型戦闘機の核となる技術のほとんどが米国と関係しているため、技術移転が難しいのではないかとインドネシア側が疑っているという観測も出ている。

これに対し、カン・ウンホ防事庁長は9日の記者懇談会で、「互いの立場の打診などが続いている。協議を続けている。一定の時期になれば明らかにしたい」と語った。

防事庁は、今回もインドネシアのF-15EXなどの購入計画により韓国型戦闘機の開発に支障が出ることを懸念する声があがっていることを受け、積極的に釈明に乗り出した。

防事庁は資料を発表し、「インドネシアによるF-15EXとラファールの導入計画は、これまでに推進されてきたインドネシア空軍の戦力の空白の補強のための活動であり、韓国型戦闘機の共同開発とは別の事案と判断する」との立場を明らかにした。

また「インドネシア側は、韓国型戦闘機開発事業への参加を続けるとの意志を表明しており、両国は数度にわたる実務協議を通じて相互に利益となる方向で交渉を進めている」と述べた。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/39200.html

2 Comments
最も評価が高い
新しい 古い
Inline Feedbacks
全てのコメントを見る
ももちゃん
2021年2月22日 18:00

「契約違反ニダ!」
「違約金100億ドル払うニダ!!」
とか言い出す姿が想像できるんですが。
油断していると、このような事案でも日本のせいにされかねないので注意が必要です。

酔って候
2021年2月23日 11:19

海の物とも山の物とも知れないKFXより、実績のあるラファールを選択する方が現実的。

むしろ今まで、韓国人のポッケナイナイに貢献してきたインドネシアに感謝すべきでは。

2
0
読者のコメントを見る&書くx
()
x